ライオンでは視覚障害者のために、音で読むメールマガジン「音メール」を配信しております。

ホーム > 会社案内 > ライオンの歴史 > ミュージアム > 第六展示室 ちょっと変わった印刷物

第六展示室 ちょっと変わった印刷物

印刷物の変わり種−その1−

ここでは、ちょっと変わったポスターやチラシなど宣伝広告の印刷物を展示しています。
ずっと昔から今日まで、印刷物による広告宣伝活動はとても重要でした。特にテレビのない時代には、今日よりもはるかに印刷物の果たす役割が大きかったのです。どうしたらより強いインパクトを与えることができるか、どうしたらより喜んでもらえるか、そんな工夫を凝らした宣伝広告物の数々です。
形のユニークなものやかわいらしいものをエピソードをまじえて紹介します。

栞(しおり)

栞(1)
(大正11年)

栞(1)は大正11年(1922)製のもの。
大正ロマンを醸し出しているデザインは、絵柄も上下の切り込みもおしゃれで、今日でも通用しそうです。紙質もよく色鮮やかです。
裏面は時間割表となっており、「知恵と歯は毎日磨け」という時代を感じさせる標語が印刷されています。
この標語は、当時、内務省が募集した民力涵養標語に入選した岐阜県の小学生、林一枝さんの作品です。

栞(2)
(昭和13-15年頃)

栞(2)は、一見したところ(1)に似ていますが、絵柄としてチューブ入の歯磨が使われているので、昭和13年(1938)〜15年(1940)頃のものとわかりました。この歯磨は昭和16年(1941)には製造中止となっています。なぜなら、当時のチューブは錫(すず)やアルミニウムで作られていましたが、鉄製品製造制限規則により、歯磨のチューブには錫やアルミニウムが使用禁止となってしまったからです。

栞(3)
(大正14年頃)

 栞(3)はライオン型。ライオンの頭の部分の切り込みがかわいらしいですね。
絵柄にある「ライオン歯磨粉製丸缶入」は大正14年(1925)に発売されています。
丸缶といってもブリキ製ではなく紙製の筒でした。

栞(4)
(昭和28年)

栞(4)は昭和28年(1953)製のもの。
小さくてなんの特徴もない栞ですが、ほほえましいエピソードを秘めています。
栞の上部に「私は上野動物園の人気者、ライオンの“ナナ”です」と書かれています。
太平洋戦争中、トラやライオンや象など多くの動物が餌不足のためにやむなく薬殺されました。
平和が戻ってこの年、上野動物園に雌ライオンの赤ちゃんがやってくることになりました。この時、ライオンの赤ちゃんの愛称が募集されたのです。
5月2日に大々的に命名式が行われ、“ナナ”と名づけられたのでした。
この栞はこの時に作られたものです。当社は社名が社名ですから、以前から動物園やライオンに関係する催し物には、いろいろな形で協賛してきています。古くは昭和13年(1938)10月30日、阪神パークにおけるライオンの命名式にも協賛しています。
この時の名前は“勝ちゃん”と“武ちゃん”。
日中戦争の最中のことで、時代を反映した名前でした。

下(5)は円形で直径21mmもある大きなものですが、これでも栞です。
昭和10年(1935)のムシ歯予防デーで使用されたものです。真ん中で折って、上の☆印のところに紐をつけて使用するようになっています。
裏面には、小学六年生、児玉百合子さんの「こうして日本一の健康優良児になりました」という体験談がイラストで描かれています。もちろん、児玉さんは歯をきちんと磨きムシ歯はゼロ、バランスのよい食事で健康優良児になったとあります。

  • 栞(5)
    (昭和10年)

  • 栞(5)裏面
    (昭和10年)

切り抜き型で開くタイプ

切り抜き型チラシ(昭和9年)

左は昭和9年(1934)の「愛国航空展覧会」(大日本飛行少年団主催、ライオン歯磨本舗後援。於:東宝会館)で使用された告知チラシ。
若い女性の飛行士姿がかわいらしい切り抜き型です。歯磨チューブの部分が開くようになっており、開けると女性飛行士のシャツ姿とライオン歯磨売出しの広告面が現れます。
チラシの裏側には「我等の海軍機を作りませう。非常時日本に、最も大切な空を護る為に、皆様のお使ひになったライオン歯磨チューブ(錫管)の「空ガラ」や錫紙を集めて大日本飛行少年団へ御寄贈下さい。・・・」と印刷されています。
今で言う資源回収(リサイクル)の呼びかけです。こうして集められた資金によって「報国児童号」(海軍機)が献納されています。

下の切り抜き型のチラシは、昭和12年(1937)「潤製ライオンコドモハミガキ」が新発売された時のものです。
子供が掲げている缶の蓋を開けると広告面が現れるようになっています。

切り抜き型チラシ

下は昭和13年(1938)、日比谷公会堂で行なわれた「祝新入学ライオンコドモ大会」(主催:ライオン児童歯科院)のプログラムです。
二つ折の状態では、缶入り歯磨の外観をしていますが、缶を開けるように開くとプログラムが現れるというわけです。写真は開いた状態で、プログラムは裏面に印刷されています。
プログラムによれば、童謡、舞踏、ピアノ演奏など多くの催し物が行われていることがわかります。
中でも子供たちがもっとも楽しみにしていた映画は、ミッキーマウスやポパイやベティの漫画が上映されています。

  • 切り抜き型プログラム
    表面(昭和13年)

  • 切り抜き型プログラム
    裏面(昭和13年)

ページの先頭へ