−発表資料−

 

快適生活情報発信のための専任組織
「ライオン快適生活研究所」創設のお知らせ
情報発信の新専門職「暮らしのマイスター」を設置

 ライオン株式会社(社長・藤重 貞慶)は、2011年8月より快適生活情報発信のための新しい窓口「ライオン快適生活研究所」を創設いたします。本研究所は、生活者の暮らしを向上させることを目的として、生活情報を提供するための専任組織です。

設立の狙い

 当社はこれまで、1921年(大正10年)設立の、口腔衛生普及活動を目的とした「ライオン児童歯科院」(現:公益財団法人ライオン歯科衛生研究所)、1933年(昭和8年)設立で、正しい洗濯への知識を啓発した「家庭洗濯相談所」(のちの家庭科学研究所)などを通じて、人々の健康や日々の暮らしのお役に立つ活動を行ってまいりました。

 こうした中、今日の日本では、暮らしがより快適であることを求める人々が存在する一方で、高齢化社会の到来や離婚件数の増加により、配偶者との死別・離別を通じて、初めて「家事」と向き合うこととなった中高年層、核家族化の進行により家事や子育てのノウハウを求めている男女など、家事や健康への悩みは「個別化」してきています。このため、これまでの大勢に向けた啓発情報発信だけでは、生活者のニーズに対応しきれない側面も顕在化してきました。

 そこで当社は、このたび、人それぞれのライフスタイルや就職、退職、結婚、出産などで訪れるライフステージを迎える時に役立ち、快適を実現する生活情報の新しい提供窓口として「ライオン快適生活研究所」を創設いたしました。

「ライオン快適生活研究所」について

【設立目的】

生活者の暮らしを向上させることを目的として、生活情報を提供するための専任組織

【活動概要】

「ライオン快適生活研究所」は、広報センター内に設置され、これまで広報センターが行ってきた、メディアを通じた生活情報の発信に加え、以下のような活動を行います。

(1) 

生活者対象の情報イベント、ウェブ、書籍出版で、情報提供およびコミュニケーション

ライフステージ・ライフスタイル別にテーマを設定し、オピニオンリーダーや対象となる生活者向けの情報イベントを開催、健康や暮らしにまつわる情報を提供します。

このほか、ウェブや書籍出版なども、生活者との接点として活用します。

(2) 

「暮らしのマイスター」を設置

「信頼できる情報の提供」を目的とし、このたび新たに、快適生活情報発信のスペシャリストとして、4名の『暮らしのマイスター』を設置しました。『暮らしのマイスター』は、研究のキャリアと専門知識を持ち、4つの分野(オーラルケア、ヘルスケア、お洗濯、お掃除)を担当、それぞれの分野での情報の創造・蓄積・発信を行います。

当社は、製品の提供に加え、暮らしに役立つ情報をきめ細かくお届けすることで、これまで以上に皆様のお役に立つ企業となることを目指し、今後も努力を続けてまいります。

以 上

<参考資料>

「ライオン快適生活研究所」ロゴマーク

「ライオン快適生活研究所」ロゴマーク
機能概要  

お問い合わせ窓口

報道関係の方

広 報 センター

TEL:03-3621-6661

消費者の方

お客様センター

TEL:0120-556-913

一覧に戻る