−発表資料−

歯槽膿漏対策総合ブランド『デントヘルス』から
“滞留処方”で歯ぐきに留まって効果を発揮する

歯ぐきの腫れ・出血など歯槽膿漏の気になる部位に“直接塗って効く”
指で塗るタイプの歯槽膿漏薬『デントヘルスR』改良新発売

歯ぐきの腫れ・うみなど歯槽膿漏の症状に“磨いて効く”
ブラッシングタイプの歯槽膿漏薬『デントヘルスB』改良新発売

 ライオン株式会社(社長・藤重 貞慶)は、つらい歯槽膿漏の症状に、“滞留処方”で歯ぐきに留まって効果を発揮する『デントヘルス』歯槽膿漏薬シリーズを改良新発売いたします。『デントヘルスR』は気になる部位に指で直接塗り込むタイプ、『デントヘルスB』は、普段のハミガキの代わりにハブラシにつけて歯みがきするように歯ぐきを磨くタイプの歯槽膿漏薬です。

『デントヘルスR』『デントヘルスB』

1.発売の狙い

 中高年を中心に、歯周病罹患者は年々増加傾向にあります(厚生労働省調査)。当社調査によると、歯槽膿漏の症状がある人は歯槽膿漏薬に「歯ぐきの腫れがひく(59%)」「出血が止まる(44%)」「口臭が抑えられる(29%)」などの効果を期待しています。

 現在市場にある歯槽膿漏薬には、「患部に直接塗って治療したい」というニーズに応える“歯ぐきに直接塗るタイプ”と、「歯みがきで症状を治療したい」「ハミガキ1本で簡単にケアしたい」など、使い勝手を重視するニーズに応える“ハブラシにつけてブラッシングするタイプ”などがあります。

 『デントヘルス』シリーズは1993年に、症状が気になる部位に直接塗ってすぐに改善したい人に向けた“歯ぐきに直接塗布するタイプ”を発売、2005年には、日常の歯みがきで歯ぐき全体を改善したい人に向けた“ハブラシにつけてブラッシングするタイプ”を品揃えして、歯槽膿漏に悩む人を支え続けています。

 この度は、優れた“滞留処方”を採用することで、歯ぐきに留まって効果を発揮する『デントヘルス』歯槽膿漏薬シリーズを改良新発売いたします。

 『デントヘルス』は、いつまでも自分の歯を保つことで、イキイキと過ごすシニア世代の豊かな人生を応援してまいります。

2.発売日・地域

デントヘルスR

 2011年3月2日(水)

 全国

デントヘルスB

 2011年1月19日(水)

 全国

※ これらの商品は薬局・薬店でお買い求めになれます。

3.各商品の特長、有効成分、効能、用法・容量

指で塗るタイプの歯槽膿漏薬『デントヘルスR』

<1> 改良のポイント

■ 

粘性を高めた“滞留処方”で有効成分の歯ぐきでの滞留性を向上

高粘性ゲル基剤「アルギン酸ナトリウム」を新配合するとともに、高分子基剤PVP(ポリビニルピロリドン)を増量。唾液で流されやすい口の中でも有効成分が流れにくいので、歯ぐきに長く留まり、奥まで浸透します。

口腔内での製剤の滞留性の向上

<従来品>

     

<デントヘルスR>

<従来品>   矢印   <デントヘルスR>

※ 

被験者に蛍光物質を配合した製剤0.3gを塗布し、20分後に口腔内の蛍光写真を撮影。

黄色く光っている部分が滞留している製剤。

<2> 商品特長

(1) 

4つの有効成分が、歯ぐきの腫れ・出血を抑え、歯槽膿漏の症状に優れた効果を発揮

・グリチルリチン酸二カリウム:「抗炎症作用」により歯ぐきの腫れ・発赤を緩和します

・アラントイン:「組織修復作用」により、歯ぐきからの出血を抑えます

・ヒノキチオール:「組織収斂作用」により歯ぐきをひきしめ、腫れを緩和します

・セチルピリジニウム塩化物水和物:「殺菌作用」により歯周疾患の原因となる細菌の増殖を抑えます

(2) 

ゲルタイプで、患部に塗りやすく爽やかな使用感

<3> 有効成分(100g中)

グリチルリチン酸二カリウム

 

0.4

g

アラントイン

 

0.3

g

ヒノキチオール

 

0.1

g

セチルピリジニウム塩化物水和物(CPC)

 

0.05

g

<4> 効能・効果

歯肉炎・歯槽膿漏における諸症状(歯ぐきの出血・発赤・はれ・うみ・痛み・むずがゆさ、口のねばり、口臭)の緩和、口内炎

<5> 用法・用量

歯肉炎・歯槽膿漏:1日2回(朝・晩)ブラッシング後、適量(約0.3g、約1.5cm)を指にのせ、歯ぐきに塗り込んでください。

口内炎:1日2〜4回、適量を患部に塗ってください。

ハブラシで磨くタイプの歯槽膿漏薬『デントヘルスB』

<1> 商品特長

(1) 

3つの有効成分が歯ぐきと歯周病菌に効果的に作用し、歯槽膿漏・歯肉炎に優れた効果を発揮する

・殺菌成分「CPC(セチルピリジニウム塩化物水和物)」が歯周疾患の原因菌を殺菌

・抗炎症成分「グリチルレチン酸」が歯ぐきの腫れ・発赤を抑える

・「ビタミンE」が血行を促進して歯ぐきのうっ血を改善する

(2) 

唾液や水に流されにくい“滞留処方(エマルション基剤)”なので、有効成分が歯ぐきに長く滞留して高い浸透性を発揮する

「エマルション基剤」は、唾液や水で口をすすぐときに有効成分が流されにくいという特長があります。有効成分が口の中で長く滞留することで、歯ぐきへの浸透性が高まり、歯槽膿漏の症状に優れた効果を発揮します。

(3) 

薬効感のある香味を新たに採用

ウインターグリーンとスパイシーでハーブ感の高いパチョリオイルを新配合し、磨いた後の効果感を付与しました。

(4) 

じっくり磨ける低発泡処方

(5) 

最後まで使いやすいラミネートチューブを採用

<2> 有効成分(100g中)

トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)

 

2.0

g

グリチルレチン酸

 

0.3

g

セチルピリジニウム塩化物水和物(CPC)

 

0.05

g

<3> 効能・効果

歯肉炎・歯槽膿漏における諸症状(歯肉の発赤・はれ・うみ、口臭)の緩和

<4> 用法・用量

適量(約0.3g、約0.5cm)を歯ブラシにつけて、1日2回(朝・夕)歯肉をマッサージするように磨いてください。

4.容量・価格

商 品 名容 量希望小売価格(コ)
デントヘルスR(第3類医薬品) 10g 650円
20g 1,100円
40g 1,900円
デントヘルスB(第3類医薬品) 45g 1,000円
90g 1,800円

※ 上記希望小売価格は税抜き価格です。

以 上

お問い合わせ窓口

報道関係の方

広 報 センター

TEL:03-3621-6661

消費者の方

お客様センター

TEL:0120-813-752

一覧に戻る