−発表資料−

 

多機能性タンパク質「ラクトフェリン」の研究成果
腸溶加工技術に着目したラクトフェリン含有機能性健康食品の研究が「第16回安藤百福賞 優秀賞」と「2012年度 農芸化学技術賞」を受賞

 ライオン株式会社(社長・濱 逸夫)は、安藤スポーツ・食文化振興財団が主催する「2011年度 第16回安藤百福賞 優秀賞」(2012年3月9日に安藤百福発明記念館にて表彰式および受賞記念講演)および、農芸化学会が主催する「2012年度 農芸化学技術賞」(2012年3月22日にウェスティン都ホテル京都にて表彰式および受賞記念講演)を受賞いたしましたので、ご報告いたします。

■受賞の概要

 ラクトフェリンは哺乳類の乳中、特に初乳に多く含まれているタンパク質の一種で、乳児の初期免疫に重要な物質として考えられていました。また、近年の研究により、ラクトフェリンが胃で分解され生成したラクトフェリシンなどのペプチドが、多機能な生理活性を発揮することが注目されています。

 本受賞は、胃で消化を受けたラクトフェリンではなく、消化を受けていないラクトフェリンそのものに中高年の健康に貢献する作用があることを見出し、その食品としての実用化に向けて、ラクトフェリンが胃で分解されずに小腸まで到達できる腸溶錠の開発に成功したことによるものです。すなわち、食品に応用可能な腸溶加工技術を保有していた株式会社NRLファーマと共同で食品開発の検討を行った結果、pH感受性で溶解(胃では崩壊せず小腸で溶解)する食品添加物のシェラックが有効であることを見出し、シェラックでコーティングすることによりラクトフェリンの腸溶錠の開発に成功しました。

 こうした研究成果をベースに、当社は2007年より『ナイスリムエッセンス ラクトフェリン』を通販限定で発売し、2009年には乳酸菌の1種であるラブレ菌を加えた『ナイスリムエッセンス ラクトフェリン+ラブレ』を同じく通販限定で販売開始しました。以来、科学的根拠に裏付けされた健康食品として幅広い層のお客様からご愛顧をいただき、『ラクトフェリン』シリーズは、現在、ライオンの健康食品事業の基幹商品となっております。

 こうしたタンパク質をそのまま腸まで届けるといった独創的な考えに基づく新しい食品の研究成果が評価され、「第16回安藤百福賞 優秀賞」「2012年度 農芸化学技術賞」の受賞に結びついたものと考えております。「安藤百福賞 優秀賞」に関しては第1回も当社が受賞しており、この度の受賞により、当業界内で2度の受賞は初となります。

■受賞者

第16回安藤百福賞 優秀賞 ライオン株式会社 常務取締役 杉山圭吉

2012年度農芸化学技術賞

 

ライオン株式会社

常務取締役 杉山圭吉

 

ライオン株式会社

生命科学研究所長 村越倫明

 

ライオン株式会社

生命科学研究所主任研究員 小野知二

 

株式会社NRLファーマ

取締役研究開発本部長 星野達雄

以 上

安藤百福賞
新しい食品の開発に貢献する独創的な基礎研究、食品開発、およびベンチャーを対象に、食品や食文化の進歩に関して特に業績のあった個人に贈呈される。
 
農芸化学技術賞賞
農芸化学の分野において、注目すべき実用的価値のある、技術的業績をあげた会員を対象に授与される。

お問い合わせ窓口

ライオン株式会社

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る