−発表資料−

 

年齢や目の酷使によるつらい眼疲労・かすみ
角膜の修復と涙の安定化を助け、疲れ目に効く眼科用薬
『スマイル40プレミアム』新発売

※ 

目やにの多いときなどによる

 

 ライオン株式会社(社長・濱 逸夫)は、吸着性ビタミンAを含む10種類の有効成分配合により、年齢や目の酷使によるつらい「眼疲労」「目のかすみ」に効く眼科用薬『スマイル40プレミアム』を、2013年3月13日(水)から全国の薬局・薬店で新発売いたします。

 

スマイル40プレミアム

 

1.発売の狙い

 

 インターネット利用率の増加やデジタル機器の使用時間の増大などにより、目にかかる負担が増加し、特に40代以降で「目の疲れ」「目のかすみ」が深刻化しています。中でも45歳以降は、「目の疲れ」の原因として、「目の使いすぎ」よりも「年齢(加齢)」をあげる人が増えています(「目の使いすぎ」:40-44歳67%→45-49歳63%、「年齢(加齢)」:40-44歳60%→45-49歳81%、2012年当社調べ)。

 一方、40代以降の目薬ユーザーは、目薬を購入する時に“目に良い成分が入っていること”を重視していることがわかりました。

 そこでこの度、吸着性ビタミンAを含む10種類の有効成分配合により、年齢や目の酷使によるつらい「目の疲れ」「目のかすみ」に効く眼科用薬『スマイル40プレミアム』を新発売いたします。

 

2.発売日・地域

 

2013年3月13日(水) 全国

※ この商品は薬局・薬店でお買い求めになれます。

 

3.商品特長

 

(1) 

当社独自の新技術により「吸着性ビタミンA」を最大量(35,000単位)配合

ビタミンAは、角膜に直接働き、視覚機能を正常にする働きがある一方、水に溶けにくい性質を持つため、安定した状態で目薬に配合されることが重要です。さらに、点眼したときには、いかに多く角膜に吸着させるかがポイントです。当社はこの度、新たに開発した技術により、高濃度のビタミンAを安定した状態で目薬に配合し、かつ角膜への吸着性を高めることを実現しました。

(2) 

年齢などによる「眼疲労」「目のかすみ」の改善に必要な10種類の有効成分配合

・ 

3種類のビタミン(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB)が、つらい「目の疲れ」「目のかすみ」を改善する

【ビタミンA】

 

市販目薬で最大量配合(35,000単位)。

【ビタミンE】

 

抗酸化・血行促進作用で目の細胞膜を安定化します。

【ビタミンB

 

目の新陳代謝を促進します。

・ 

2種類のアミノ酸(タウリン、L-アスパラギン酸カリウム)が、疲れた目に直接働き、目の細胞の代謝を高める

【タウリン】

 

目の細胞の新陳代謝を促します。

【L-アスパラギン酸カリウム】

 

瞳に酸素を取りこむのを助けます。

・ 

瞳のピント調節機能を高める「ネオスチグミンメチル硫酸塩」を配合

瞳のピント調節筋に直接作用して目の疲れをほぐし、疲れ目の症状を改善します。

・ 

「目のかゆみ」「目の充血」にも優れた効果を発揮する

「クロルフェニラミンマレイン酸塩」の抗ヒスタミン作用、「塩酸テトラヒドロゾリン」の抗充血作用、「イプシロン-アミノカプロン酸」の抗炎症作用で「目のかゆみ」、「目の充血」などの不快な症状を改善します。

・ 

角膜保護成分「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」配合

 

4.有効成分 〈100mL中〉

 

レチノールパルミチン酸エステル(ビタミンA)

 

35,000単位

酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)

 

0.05g

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB

 

0.03g

コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

 

0.05g

タウリン

 

0.1g

L-アスパラギン酸カリウム

 

0.2g

ネオスチグミンメチル硫酸塩

 

0.005g

クロルフェニラミンマレイン酸塩

 

0.03g

塩酸テトラヒドロゾリン

 

0.01g

イプシロン-アミノカプロン酸

 

1.0g

 

5.効能

 

目の疲れ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、結膜充血、目のかゆみ、眼瞼炎(まぶたのただれ)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感

 

6.用法・用量

 

1日3〜6回、1回1〜3滴を点眼してください。

 

7.容量・価格

 

商 品 名容 量希望小売価格
スマイル40プレミアム(第2類医薬品) 15mL 1,400円

※ 上記希望小売価格は税抜き価格です。

 

<参考資料>

 

■ 

年齢などによる「目の疲れ」の原因

(1) 

涙の変化

年齢とともに涙の分泌量が減ることに加え、涙を分泌しているのに目の表面に留まりにくい場合があります。その結果、目が乾いて目に必要な酸素や栄養分が不足することに加え、表面についたホコリなどが洗い流されず、目が傷つきやすい状態になることで、目が疲れます。

(2) 

ピント調節をする筋肉の筋力低下

年齢などにより、物を見るときにピントが合う距離が変化します。近くのものが見えにくくなり、ピントを合わせようとして目を凝らすため、目が疲れます。

■ 

涙の役割

 

涙の主な働きとして、以下のようなものがあります。

・ 

目の表面をうるおし、目の乾燥を防ぐ

・ 

目に酸素や栄養分を補給する

・ 

目に付いたゴミや雑菌などの異物や目の細胞の老廃物を洗い流す

・ 

目の表面を均一にして、眼球の動きを滑らかにする

大切な働きをする涙には、目の細胞の生命維持に重要な「ビタミンA」が含まれています。

以 上

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

消費者の方

お   客   様   セ   ン   タ   ー

TEL:0120-813-752

一覧に戻る