−発表資料−

 

洗浄成分SAS新配合で“ニオイ汚れの膜”まではがしとり、
洗浄から消臭までできる
食器洗い機専用洗剤『CHARMYクリスタ 消臭ジェル』新発売

 ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)は、食器洗い機専用洗剤『CHARMYクリスタ』から、新配合の洗浄成分SASの働きで庫内の気になるニオイの原因となる“ニオイ汚れの膜”まではがしとり、洗浄から消臭までできる『CHARMYクリスタ 消臭ジェル』を2013年8月28日(水)より、全国にて新発売いたします。
※アルキルスルホン酸ナトリウム

食器洗い機専用洗剤『CHARMYクリスタ 消臭ジェル』新発売

1.発売の背景

食器洗い機専用洗剤の市場はジェルタイプが拡大

 

 食器洗い機(以下、食洗機)専用洗剤の市場規模は69億円で前年比102%と微増傾向にあります((株)インテージSRI 食洗機洗剤市場2012年1月〜12月販売金額)。その中で、販売構成比の高いパウダータイプは単価下落が続いて販売金額が縮小している一方、ジェルタイプは単価が安定したまま販売数量を伸ばして販売金額が伸張し、販売構成比は年々拡大しています(10年:19%、11年:22%、12年:27%、当社調べ)。さらに、食洗機ユーザーの52%は今後使用したい洗剤のタイプとして「ジェルタイプ」をあげており(2012年 当社調べ)、今後さらなる伸張が予想されます。

庫内の気になるニオイの原因を徹底解明し、“ニオイ汚れの膜”まではがしとる食洗機洗剤を開発

 

 食洗機ユーザーを対象とした意識調査の結果、約4割が「庫内のニオイが気になる」と回答しました。そこで、ニオイの実態を解明するため、当社リビングケア研究所が、実際に食洗機ユーザーの家庭を訪問してニオイの原因を調べた結果、庫内にわずかに残った油汚れの中に、様々な食材由来のニオイが含まれており、その“ニオイ汚れの膜”をはがしとることが消臭の鍵となることを突き止めました。

 このニオイの原因となる“ニオイ汚れの膜”を落とすために、アニオン性界面活性剤「SAS」に着目し、泡立ちをコントールする当社独自の技術を活用することで、食洗機洗剤として初めてアニオン性界面活性剤を配合することに成功しました。さらに、消臭成分「リナロール」を配合して、消臭までできる食器洗い機専用洗剤『CHARMYクリスタ 消臭ジェル』を開発し、新発売いたします。

 当社は『CHARMYクリスタ 消臭ジェル』の発売により、食洗機による効率的な食器洗いを提案してまいります。

2.発売日・地域

2013年8月28日(水) 全国

3.商品特長

(1) 

油汚れに早く効く洗浄成分SASを新配合。落としきれなかった“ニオイ汚れの膜”まではがしとる

アニオン性界面活性剤SASは、油汚れの洗浄力が高い一方、起泡性が高いため食洗機専用洗剤への配合は難しいとされていました。この度、当社独自の泡抑制技術により、SASを新配合することで、庫内の気になるニオイの原因“ニオイ汚れの膜”まではがしとります。さらに、消臭成分「リナロール」と合わせ高い消臭効果を発揮します。

(2) 

ダブル酵素配合で、ごはん・卵などのこびりつき汚れもしっかり落とす

(3) 

爽やかなシトラスハーブの香り

4.容量・価格

商 品 名容 量小 売 価 格
CHARMYクリスタ 消臭ジェル   480g オープン価格
つめかえ用 420g

以 上

<参考資料>

食洗機専用洗剤に初めてアニオン性界面活性剤SAS(アルキルスルホン酸ナトリウム)を
配合することに成功、庫内の気になるニオイの原因を落とす洗剤を開発
1.洗浄成分SASの泡抑制技術の開発
        
 当社リビングケア研究所では、庫内の気になるニオイの原因となる「庫内にわずかに残った油汚れ」を落とすために、台所用洗剤『CHARMY泡のチカラ』に配合している油洗浄力の高いアニオン性界面活性剤「SAS」の活用に取り組みました。「油に対する洗浄力が高く」、豊かな泡を生成するSASは、親水基にマイナス電荷を有し、泡膜に配向した分子同士が電荷反発することによって、泡膜が安定化するために泡が消えにくい性質があります(図 左側)。食洗機は庫内に多量の泡が発生してしまうと、運転停止トラブルの一因となる可能性があることから、泡立ちが食洗機専用洗剤への応用の妨げになっていました。そこで、SASの親水基にプラスの電荷を有するカチオン性界面活性剤を添加して電荷を中和し、泡を抑制する技術を活用することとしました(図 右側)。
 具体的には、SASの泡立ちを抑えるカチオン性界面活性剤を探索した結果、アルキルアミドアミンがその効果に優れることを見出し、SASとアルキルアミドアミンを組み合わせることによって、食洗機専用洗剤に初めて、油汚れに強いアニオン性界面活性剤SASを配合することに成功しました。
図 界面活性剤SAS/アルキルアミドアミンによる泡抑制イメージ図
  SASのみ   SAS/アルキルアミドアミン  
同じ種類の電荷反発により泡膜は安定   アルキルアミドアミンがSASの電荷を中和することにより泡膜は薄く不安定
     
泡は消えにくい   泡は消えやすい
2.『CHARMYクリスタ 消臭ジェル』の消臭効果
        
 SAS、リナロールを配合した『CHARMYクリスタ 消臭ジェル』の生活者評価の結果、「プラスチック食器にイヤなニオイが無い(83%)」「ガラス・陶器製食器にイヤなニオイが無い(92%)」「食洗機庫内のイヤなニオイが無い(90%)」と多くの方が消臭効果を評価し、「今後、購入したい(72%)」との評価を得ることができました(当社調べ)。

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

消費者の方

お   客   様   セ   ン   タ   ー

TEL:0120-556-973

一覧に戻る