−発表資料−

浴室の“カビの発生を防ぐ”新機能でカビ取り剤市場を127%※1に拡大
『ルック おふろの防カビくん煙剤』販売好調

 ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)が2012年9月26日に新発売した『ルック おふろの防カビくん煙剤』は、「銀イオン」の煙が浴室の天井に潜む原因菌までまるごと除菌して“カビの発生を防ぐ”新機能でご高評いただいております。

 発売後、順調に販売が進み、特にカビ対策商品の需要が高まる梅雨時(2013年5月第2週〜7月末)に販売数量が大きく伸長し、カビ取り剤市場は(前年同期比127%※1)と活性化しました。

1.発売後の状況

発売後11ヵ月で累計販売数500万個を突破。カビ取り剤市場を活性化し市場拡大を牽引

 『ルック おふろの防カビくん煙剤』の累計販売個数は2012年9月の発売後、2013年8月31日までで500万個を突破しました(当社調べ)。

 カビ取り剤市場は近年、縮小傾向で推移(右図)していましたが、特に本州全域が梅雨入りする5月中旬以降(5月第2週〜7月末)は前年同期比127%※1と大きく拡大し、2013年1-7月の前年同期比も119%※2と伸長して、カビ取り剤市場を活性化しています。

 

カビ取り剤市場の前年同期比の推移

図:カビ取り材市場の前年同期比の推移

(株)インテージ SRIデータカビ取り剤市場
2008年〜2012年(各年1-12月計)販売金額
2013年(1-7月計)金額前年比

※1 当社調べ
※2(株)インテージSRIカビ取り剤市場、2013年1-7月計販売金額前年同期比

2.販売好調の要因

(1) 

カビ対策の意識が高まる梅雨時に“カビの発生を防ぐ”新機能を求めるお客様が急増

 『ルック おふろの防カビくん煙剤』は、水を入れた容器に金属缶をセットして浴室内に置くだけで銀イオンの煙が発生し、浴室全体をまるごと除菌してカビの発生を防ぎます。従来、梅雨時に生えてしまったカビをカビ取り剤で苦労して落としていた生活者が、本製品の“カビの発生を防ぐ”新機能に注目し、「梅雨入り前に浴室がカビだらけになるのを防ぎたい」との思いで購入した結果、販売数量が伸長したと考えます。

(2) 

カビ対策意識が高まる梅雨時に浴室の黒カビの原因は「天井カビ」であることをPRすることで商品への関心が拡大

 当社は昨年、落としても繰り返し生えてくる浴室の黒カビの原因は「天井に潜む目に見えないカビ(天井カビ)」であることを発表しました。本年、本州全域で梅雨入りする直前の5月中旬以降、テレビや新聞、雑誌およびホームページを通じてこの情報を広く生活者に向けて発信した結果、「天井カビ」の認知が高まるとともに、対処方法が少なく対策商品も存在しない「天井カビ」を煙で除菌してカビを防ぐ唯一の商品である『ルック おふろの防カビくん煙剤』への関心が高まり、購買につながったと考えます。

(3) 

「定期使用に最適な3個パック(5月22日発売)が発売から好調な立ち上がり

 『ルック おふろの防カビくん煙剤』は、定期的(1〜2ヵ月ごと)に使うことで銀イオンによる防カビ効果が高まり、カビのないきれいな浴室を維持することができます。使用者からの「定期的に使うものだからまとめ買いしたい」「一度に複数個買い置きしていれば思い立ったときにすぐに使える」という要望にお応えして、定期使用に便利な『3個パック』を2013年5月22日に発売し、販売は好調に推移しております。

 本製品は、既に使用している方が主に購入されると想定しておりましたが、実際の購入者の7割は初めて購入した方であることがわかり(当社調べ)、このことから『ルック おふろの防カビくん煙剤』に対する生活者の期待が高いことが伺えました。

『ルック おふろの防カビくん煙剤』の概要
  写真:ルック おふろの防カビくん煙剤 写真:ルック おふろの防カビくん煙剤3個パック  
 

ルック おふろの
防カビくん煙剤

ルック おふろの防カビくん煙剤
3個パック

 
 

<商品特長>

(1) 

「銀イオン」の煙で、浴室全体の黒カビ原因菌をまるごと除菌できる

 除菌成分「銀イオン」の煙が、天井や換気扇の裏までいきわたり、黒カビの原因菌(カビ胞子)をまるごと除菌します。

(2) 

黒カビが生えにくくなり、カビ掃除が楽になる

 使用後は、黒カビが生えにくくなり、カビ取り剤を使う掃除の回数が減るので、掃除の負担が軽くなります。

(3) 

定期的に使うことで効果が高まる

 1〜2ヵ月に1回の定期的な使用によって、「銀イオン」の防カビ効果が高まります。カビ取り剤を使わない普段の掃除だけで、きれいな浴室を維持できます。

<容量・価格>

5g、5g×3(3個パック) オープン価格

以 上

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る