−発表資料−

 

雨水有効活用のコンテスト
雨活あめかつアイデアコンテスト2014」作品募集

 

 ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)と特定非営利活動法人雨水市民の会は、全国の小学生・中学生を対象に「雨活アイデアコンテスト2014」の作品募集を開始しました。

 

 当社は昨年、新たな環境目標として「Eco Vision 2020」を策定し、「環境対応先進企業」を目指して、地球環境問題に積極的に取り組んでいます。その中でも、当社は「洗うこと」を通じて水と深く関わる事業を展開していることから、水資源保護活動に力を入れています。その活動のひとつとして、小中学生を対象に「雨活アイデアコンテスト」を2011年から開催しています。本コンテストは「雨水の有効活用について考えることで、水の大切さに気づいてもらう」ことを目的とし、昨年は全国214校から5,738作品の応募をいただきました。

 また、本コンテストは、学校を通じて応募できるため、小中学校での環境教育授業にも教材として活用されています。学校での環境教育支援につながるよう、優秀な作品を多数応募した学校には「学校奨励賞」として雨水タンク2基を贈呈、学校生活の中で実際に雨水を活用いただいています。また今年度は、新たに「学校努力賞(3校)」を設け、より一層の支援に貢献してまいります。

 

※ 

当社ホームページ「雨の恵みひろば」   http://www.lion.co.jp/ja/csr/social/rain/

 

「雨活アイデアコンテスト2013」学校奨励賞 受賞校『川崎市立久本小学校』(神奈川県)

学校朝礼で表彰式を実施

学校朝礼で表彰式を実施

 

学校に設置された「雨水タンク」2基

学校に設置された「雨水タンク」2基
(雨活アイデアコンテスト2013「学校奨励賞」副賞)

 

川崎市立久本小学校・飯沼校長先生コメント(表彰式写真・右から2番目)
「いただいた雨水タンクのうち1基は、1年生の教室脇に設置しました。学習用鉢植えの水やりに使うほか、花壇の水やりや日々の学習に活用しています。」

 

■ 「雨活アイデアコンテスト2014」概要 ■

 

テーマ

「雨水」を活用するアイデアを考えよう。

募集対象

全国の小学生・中学生

募集部門

(1)作文部門、(2)ポスター部門、(3)自由研究部門、(4)スローガン部門

応募方法

原則として学校・団体を通じて応募、詳細は当社ホームページを参照

締め切り

2014年9月25日(木)当日消印有効

最終審査委員

有馬朗人(元文部大臣)、佐藤卓(グラフィックデザイナー)、

特定非営利活動法人雨水市民の会、ライオン株式会社

発表

2014年12月に原則として学校を通じて本人に知らせるほか、当社ホームページで発表。また入賞者在籍校管轄の教育委員会にも報告。

賞と賞品

1) 

個人賞

○ 最優秀賞

小学生の部4作品・中学生の部4作品

賞状、記念トロフィー、副賞(図書カード5万円、ライオン製品)

○ 優秀賞

小学生の部4作品・中学生の部4作品

賞状、記念トロフィー、副賞(図書カード2万円、ライオン製品)

○ 佳作

小学生の部20作品・中学生の部20作品

賞状、副賞(図書カード2千円、ライオン製品)

2) 

学校賞

○ 学校奨励賞

2校

賞状、記念たて、副賞(雨水タンク、ライオン製品)

○ 学校努力賞

3校

賞状、副賞(ライオン製品)

3) 

参加賞

応募者全員に贈呈

表彰式

2015年1月(予定)ライオン株式会社(東京)で開催

最優秀賞受賞者と、その指導教員または保護者1名をご招待

 

《主催》

 

特定非営利活動法人雨水市民の会、ライオン株式会社

《後援》

 

環境省、全国連合小学校長会、全日本中学校長会、全国市町村教育委員会連合会、全国小学校理科研究協議会、全国中学校理科教育研究会、全国小中学校環境教育研究会、墨田区教育委員会

《協力》

 

教育新聞社

 

※ 

当社ホームページ「雨の恵みひろば」   http://www.lion.co.jp/ja/csr/social/rain/

以 上

ご応募・お問い合わせ

『雨活アイデアコンテスト』事務局(プラスエム内)

〒104-0032東京都中央区八丁堀3丁目17−6群成舎ビル6階

TEL:03-6222-5250

FAX:03-6222-4823

Eメール:amekatsu@plus-m.co.jp

(受付時間)午前10時〜午後6時(土・日・祝日を除く)

 

報道関係の方 お問い合わせ窓口

コーポレートコミュニケーションセンター TEL:03-3621-6661

一覧に戻る