発表資料

 

アジア初*1、使用済みハブラシで環境負荷低減に貢献
「ハブラシ・リサイクルプログラム」開始のお知らせ

ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)は、テラサイクルジャパン合同会社(以下、テラサイクル)と提携し、2015年5月25日から使用済みハブラシを回収してリサイクルするプログラムを開始します。これまで廃棄されるだけであった使用済みハブラシをリサイクルする場を提供することで循環型社会へ貢献していきます。また、適切なサイクルでのハブラシ交換を促すことで生活者の歯と口の健康維持への貢献につながるよう活動していきます。

*1 本プログラムと同様のシステムモデルで実施されるリサイクル活動において

リサイクルプログラム開始のねらい

当社が1914年(大正3年)に東京歯科医学専門学校(現、東京歯科大学)指導のもと、「萬歳歯刷子」を発売してから100年以上が経ち、今や日本人の約75%の人は毎日2回以上歯をみがき、日本では年間約4.5億本*2のハブラシが消費されています。

当社は、オーラルケアのリーディングカンパニーとして、長きに渡り、生活者の歯と口の健康増進を応援してきました。同時に、「環境対応先進企業の実現」を経営目標のひとつに掲げ、ものづくりの場や事業活動において環境負荷低減に取り組んでいます。これらの考えのもと、歯と口の健康のために定期的なハブラシ交換(1ヵ月に1回)を促すとともに、子どもから大人まで、多くの人が毎日の暮らしで使っているハブラシを“手軽”にリサイクルする場を提供することで、生活者の健康維持と環境負荷低減に貢献していきます。

*2 国内生産本数、全日本ブラシ工業協同組合調べ(2004年度)

プログラム内容

本プログラムは、どなたでも参加できます。希望者は、個人・学校・団体などの単位で事前に参加登録し、使用済みのハブラシを集めます。学校や施設であれば、回収ボックスなどを設置し、多くの方からの収集が可能となります。集めた使用済みハブラシは指定運送業者が集荷します。参加者には、集めた重量に応じてポイントが付与され、そのポイント数に応じて、ハブラシをリサイクルして作られたプラスティック製品(プランター等)との交換や教育支援・地域支援などの寄付に換えることができます。テラサイクルは、ハブラシの回収からリサイクル加工、プログラム参加者が希望する場所へのリサイクル品寄贈までの運営を担当し、当社はそのコストを負担します。

 

 

参加登録の流れ

 

登録サイト
[テラサイクルのホームページ]http://www.terracycle.co.jp/ja/brigades/habrush.html

プログラムの展開について

当社の本社所在地である墨田区内の公共施設や学校に、本プログラムの趣旨・概要をご説明。参加表明いただいた児童館2館『フレンドリープラザ墨田児童会館』『さくら橋コミュニティセンター』にて、5月1日より試験運用を開始しています。

5月25日より参加登録WEBサイトをオープンし、日本全国からの登録を受け付けます。

 

試験運用の様子

 
 『フレンドリープラザ墨田児童会館』     『さくら橋コミュニティセンター』

<参考資料>

「毛先が開いたハブラシ」の歯垢除去率は「新しいハブラシ」より約4割ダウン

図:相対的な汚れを落とす力(%)

「毛先が開いたハブラシ」と「新しいハブラシ」の汚れ落ちの違いを調べた臨床研究では、「毛先が開いたハブラシ」は「新しいハブラシ」と比べて約4割ダウンすることが分かりました。また、見た目に毛先が大きく開いていなくても、長く使っていると毛に弾力がなくなり、汚れを落とす力は弱まるため、「1ヵ月に1度」の交換をおすすめしています。

出典:ライオン㈱生活情報サイト『Lidea』https://lidea.today/articles/593

TerraCycle テラサイクル Inc.

2001年、アメリカ創業。「捨てるという概念を捨てよう」という理念のもと、世界25ヵ国でリサイクルプログラムを実施。個人・学校・団体などのプログラム参加者が費用を負担することなく、使用済みのパッケージや製品を回収。回収量に応じたポイント交換制度で、参加者はリサイクルした再生品の入手や団体への募金・寄付ができる仕組みで展開している。

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る