発表資料

~オーラルケアを習慣化して“続けることの大切さ”を学ぶ~
『第73回全国小学生歯みがき大会』を6月3日に開催
日本と海外の小学生9万人が参加

ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)、公益財団法人ライオン歯科衛生研究所(理事長・藤重 貞慶)、一般社団法人日本学校歯科医会(会長・丸山 進一郎)、一般財団法人東京都学校保健会(会長・尾崎 治夫)は、文部科学省等の後援を受け、「歯と口の健康週間(6月4日~10日)」に合わせて、2016年6月3日(金)に『第73回全国小学生歯みがき大会』を開催します。
今年もインターネットによる配信を通じて、日本と海外8ヵ国・地域の小学生が参加します。

■『全国小学生歯みがき大会』概要

小学生の歯と口に対する健康意識を育てることを目的に、毎年「歯と口の健康週間(6月4日~10日)」に合わせて開催しており、1932年に第1回大会を開催してから今回で73回目を迎えます。また今年から名称を『全国小学生歯みがき大会』と改め、全国の小学生がインターネットで参加する全国規模の大会として更なる認知向上を図ってまいります。
本大会は、小学生に歯と口の健康に関する「気づき」を与え、健康意識を育むことに重点を置き、クイズや実習を交えて楽しく歯と口の健康の大切さを学べる場としています。また2008年より実施しているインターネット配信により、日本全国から参加できるようになり、また海外からの参加も拡大しています。

■オーラルケア習慣を身につけることで“続けることの大切さ”を学ぶ

生涯にわたって健康な歯を保つには、子どもの頃から良いオーラルケア習慣を身につけることが大切です。今大会では「歯と自分をみがこう。」をテーマに、明海大学 学長 安井利一先生監修のもと、小学生に向けて「予防歯科」の理解と浸透を図るための「歯と口の健康教室」を実施します。健康な歯ぐきの大切さや自分自身でのケアの方法、またデンタルフロスの使用を体験することで歯間清掃の重要性を理解し、オーラルケアを習慣化することを通じて“続けることの大切さ”を学びます。
今年は大会終了後に、配信した映像をインターネットに期間限定で公開し、ご家族で一緒にご覧いただけるようにしました。ご家庭で歯や口と身体の健康についてお話いただく際などに役立てていただけます。

■参加校数、参加人数は過去最高


<昨年(第72回大会)の参加校の様子>

今年は日本国内1,708校、および韓国、中国、香港、タイ、フィリピン、シンガポール、ミャンマー、ベトナムの海外8ヵ国・地域計21校(日本人学校8校、現地校13校)の総計1,729校、約90,000人の国内外の小学生が参加します。参加校数と参加人数はいずれも過去最高となり、今年の大会で、第1回大会からの累計参加校は1万校、参加人数は100万人を超えます。
当社は、今後も『全国小学生歯みがき大会』を健康教育活動として継続的に実施し、日本および海外における小学生の歯と口に対する健康意識を育むための支援の場としてまいります。

以上

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

消費者の方

お  客  様  セ  ン  タ  ー

TEL:0120-556-913

 

<参考資料>

◆ 『第73回全国小学生歯みがき大会』実施概要

・日   時
2016年6月3日(金) 13:30 ~ 14:30
・プログラム
歯と口の健康教室
テーマ「歯と自分をみがこう。」
               監修:明海大学 学長 安井 利一 先生
    【内容】
  • 歯ぐきからのサインの見分け方(健康な歯ぐき/歯肉炎の歯ぐき)
  • 自分の歯ぐきの観察(実習)
  • トップアスリートから学ぶ歯と口の健康
  • 歯のみがき方の基本と歯並びに合わせたみがき方(実習)
  • デンタルフロスの使い方(実習)
  • 未来宣言シールを書いてみよう(実習)
    ※未来に向かって自分の目標と、達成のために“続けること”を記入するシール。洗面所の鏡に貼り付けて、歯みがきをしながら自分の宣言を見ることができます。


<第73回大会パンフレット>


<未来宣言シール>

・大会実施方法
インターネット配信により実施。
参加校の小学生は在校のまま配信される映像を見ながら大会に参加。
なお大会終了後、大会にて配信した映像をインターネットで公開予定。
URL:http://www.lion-dent-health.or.jp/ldhevent/index.htm
(公開期間2016年6月3日(金)18:00~2016年6月30日(金)24:00)
・参加予定数
小学校数 1,729校  参加人数 約90,000人
(海外からの参加を含む)
【主  催】
(一社)日本学校歯科医会 (一財)東京都学校保健会
(公財)ライオン歯科衛生研究所 ライオン株式会社
【後  援】
文部科学省 東京都教育委員会 (公財)日本学校保健会 (公社)日本歯科医師会 (公社)東京都歯科医師会 (一社)東京都学校歯科医会 (公社)日本歯科衛生士会
【協  力】
UQコミュニケーションズ株式会社

一覧に戻る