発表資料

災害発生時に役立つ清潔・健康ケア情報 第1弾「災害時の清潔ケア」
2016年8月31日より当社ホームページにて公開

ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)は、災害発生時に直面する衛生上のリスクを減らすために重要となる「手の清潔ケア」と「オーラルケア」について、多くの方々に知っていただくために、「災害時の清潔ケア」として役立つ情報をまとめました。これらの情報は、9月1日の「防災の日」に先立ち、2016年8月31日(水)より当社ホームページにて公開いたします。同時に、その内容を印刷して非常持出袋の中へ入れて備えていただくためのダウンロード版(印刷PDF)も公開いたします。
当社は今後も災害時に役立つ清潔・健康ケア情報を作成して、当社ホームページ等で公開してまいります。

■「災害時の清潔ケア」の概要

災害時に大切な「手の清潔ケア」と「オーラルケア」の2つの内容を紹介

災害の発生時には避難生活における水不足などにより、生活していく上で衛生上のリスクが高まります。災害時は、食中毒を起こさないために手を清潔に保つことがとても重要です。また、災害時のオーラルケアは見過ごされがちですが、ムシ歯や歯周病といったお口のトラブルだけでなく、感染症や誤嚥性肺炎などのリスクも高まります。特に体力のない子どもや高齢者は注意が必要です。
当社では、災害時に水が不足している時の「手の清潔ケア」と「オーラルケア」の重要性を多くの方に知っていただくために、災害の発生時に役立つ「手の清潔ケア」と「オーラルケア」の情報を紹介いたします。

「手の清潔ケア」
水で手洗いできないときの手指のケア方法として、ぬれティッシュや、お手ふきシートを使用した方法を紹介しています。
「オーラルケア」
“ハブラシがないとき”のお口のケア方法、“ハブラシはあるものの水が少ないときの歯みがきの方法”等を紹介しています。東京医科歯科大学の中久木康一先生に監修していただきました。
「備えておきたい手指の清潔ケア用品」としてお手拭ふきシート、すりこむだけの消毒液、「備えておきたいオーラルケア用品」としてハブラシ、洗口剤、ふだん使用している歯間清掃具、義歯を使用している人は義歯ケースを紹介。

■「災害時の清潔ケア」情報へのアクセス

防災時の清潔ケアPDF
ダウンロード版(印刷PDF)

・生活情報メディア「Lidea」

https://lidea.today/articles/915

・ダウンロード版(印刷PDF)

http://www.lion.co.jp/ja/emergency-care/pdf/cleancare.pdf
※印刷して4枚を重ね、中央で折りたたむとコンパクトな冊子のようになります。

 

以上

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る