発表資料

日本最大級の環境展示会「エコプロ2016~環境とエネルギーの未来展」に出展

ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)は2016年12月8日(木)から10日(土)まで、東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会「エコプロ2016~環境とエネルギーの未来展」に出展いたします。

 

当社は、経営ビジョンのひとつである「環境対応先進企業」を目指すための全社方針として「Eco Vision 2020」を策定し、地球温暖化防止などに対して具体的な数値目標を掲げ、実現に向けて活動しています。当社は持続可能な社会の実現のための考え方や環境対応への取り組みを生活者へ直接お伝えできる機会として、本年も「エコプロ2016~環境とエネルギーの未来展」に出展いたします。

図:ブースイメージ

展示の内容

ブースを「玉手箱」に見立てて4つのテーマを設け、環境対応の取り組みを紹介しています。またブース外壁には代表的な製品の初代と現在の製品を埋め込み、事業活動を通じて社会課題を解決し続けている当社の姿を表現しています。

4つのテーマ

  1. 「課題解決に向けた技術開発の歴史と未来」:社会や暮らしの変化から生じた社会課題に対して、製品を通じて解決してきた歴史を年表形式で紹介します。
  2. 「暮らしとCO2」:暮らしの中のCO2排出量の関係を、節水型製品や詰め替え製品などを例にして説明します。
  3. 「自然との共生」:各事業所で行っている生物多様性保全活動など、水資源の保護や自然と共存する地域づくりへの取り組みを紹介します。
  4. 「社会と共に」:当社製品の未来技術遺産の登録など、当社の取り組みにおける社会の評価を紹介します。
    ※先人たちの科学技術を次世代に継承することを目的として、国立科学博物館が2008年に発足させた「重要科学技術史資料」(愛称:未来技術遺産)の登録制度

以上

「エコプロ2016~環境とエネルギーの未来展」概要
1999年に開始し本年で18年目を迎える日本最大級の環境展示会。昨年までの「エコプロダクツ」から名称を変更。本年は約700の企業・団体が参加し、12月8日~10日の3日間、東京ビッグサイトで開催。入場無料。主催:一般社団法人 産業環境管理協会、日本経済新聞社

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る