発表資料

「吉高由里子」さん出演の衣料用柔軟仕上げ剤『ソフラン アロマリッチ』TVCM
第2弾を2018年5月1日より全国で放映開始

ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)は、天然アロマオイルを配合し、奥深い香りが続く衣料用柔軟仕上げ剤『ソフラン アロマリッチ』の新TVCM「部屋篇」に女優の「吉高由里子」さんを継続起用し、2018年5月1日(火)より全国で放映を開始いたします。

1.TVCM制作の意図

近年、女性の生き方・働き方が多様化する一方で、多くの方が自分のリズムが保てていないと感じています。そして、日々の生活で自分らしさを保つ手段の1つとして、“香り”が重要視されてきています。『ソフラン アロマリッチ』は、そのような女性達の嗜好を捉えた5つの香りをラインアップしています。
2018年1月より放映の第1弾CM「雑踏篇」から出演の吉高由里子さんを継続起用し、新CMでは、シーンを室内に移し、ベッドルームの寝具などから感じる身近な香りを描いています。キャッチコピーも引き続き「深呼吸 with my Aroma」として、日常の中でふと気持ちがざらつく瞬間にも、いつもそばで香る「好きなアロマの香り」とともに深呼吸して、気持ちが晴れやかになるシーンを描いています。

2.CM撮影のエピソード

吉高さんが出演する第2弾のCMは、室内での撮影となりました。
窓の外を見つめている吉高さんの表情やテレビに視線を向ける目線の動きなど1つ1つの演技が素晴らしく、監督も納得の様子で、撮影は円滑に進みました。ベッドに倒れ込むシーンでは、持ち前の明るさでスタッフを笑わせる一幕もあり、現場全体が楽しい雰囲気に包まれ、ユーザーと等身大の女性の姿を撮影することができました。
その一方で、吉高さんは体を伸ばし、深呼吸をするシーンを見事に演じきり、監督のオーダーに応えながら様々な表情をみせてくれました。最後のべランダのシーンにおいても、撮影直前までの笑顔の吉高さんの表情と打って変わり、穏やかな表情を演じ分ける姿は圧巻で、女優吉高さんの演技力に現場スタッフ一同圧倒されました。

【出演者紹介】 ◎吉高由里子(よしたか ゆりこ)
1988年7月22日生まれ・O型
2006年、映画初出演となる「紀子の食卓」(アルゴ・ピクチャーズ)で第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞。2008年「蛇にピアス」(ギャガ・コミュニケーションズ)で主演を務め、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞と第51回ブルーリボン賞新人賞をダブル受賞した。2014年には主演したNHK連続テレビ小説「花子とアン」で国民的人気を獲得し、2017年NTV「東京タラレバ娘」も好評を博した。同年、映画「ユリゴコロ」(日活・東映)にて5年ぶりに映画で主演を務め、第41回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。2018年4月から、NTV「正義のセ」にて主演中。同年8月には映画「検察側の罪人」(東宝)の公開が控える。

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

03-3621-6661

消費者の方

お客様センター

0120-556-973

一覧に戻る