使うときのニオイも防ぐ「部屋干しトップ」

部屋干し後の再使用で感じるイヤなニオイとは

洗濯後に部屋干し乾燥すると、しばしば嫌なニオイが発生します。これは衣類にわずかに残った皮脂やタンパク質等の汚れを細菌が分解して生じる代謝物や、空気中で酸化された皮脂・タンパク質汚れが臭気を発することが原因です。では、生活者は洗濯行動のどの場面でどのようなニオイを感じているのかについて、実際に悪臭を発している衣類を使って調査しました。この結果、部屋干し後の再使用で感じるニオイは、"酸っぱくて汗臭い"、"カビ臭い"ニオイに加えて、"生臭い"ニオイも頻繁に感じており、その不快度も高いことがわかりました。また、乾燥することで一度感じにくくなり、再使用時に水分を含むと再びイヤなニオイを感じるようになることが明らかとなりました。

ニオイ成分を明らかにするために、部屋干し乾燥後のタオルに水をしみこませて、ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)で測定しました。
その結果、"酸っぱくて汗臭い"ニオイは中鎖脂肪酸が、"生臭い"ニオイではアミン化合物の"トリエチルアミン"が、主な原因物質であることを突き止めました。衣類から"トリエチルアミン"の発生が確認されたのは初めての事例です。また、衣類が湿ると揮発量が増えることも同時に確認されました。

細胞膜破壊を促進して除菌する亜鉛化合物

「部屋干しトップ」に配合されている除菌成分OBS(アルカノイルオキシベンゼンスルホン酸ナトリウム)は、洗剤中の過炭酸ナトリウムと反応して有機過酸を発生します。この有機過酸が、洗浄中に細菌の細胞膜を破壊することで除菌しています。
さらに、配合した亜鉛化合物は、それ自身には除菌作用はありませんが、細胞膜に浸透し、有機過酸の働きをより強く促進し、より高い除菌効果を発揮します。
また、亜鉛化合物は、"酸っぱくて汗臭い"ニオイの主成分・中鎖脂肪酸と、"生臭い"ニオイの主成分・トリエチルアミンに対しても高い捕捉能を有していることがわかりました。
このように亜鉛化合物は、洗浄中に除菌効果を高めるだけでなく、洗浄後の衣類にわずかに残留し、部屋干し乾燥後の衣類を使用した時に感じるニオイ物質の揮発までも抑制し、悪臭を感じにくくさせる効果もある優れた基材です。
生活者が感じているニオイに対する不快感の調査に加え、長年蓄積してきた生化学研究や消臭・除菌の研究知見があいまって、部屋干し中だけでなく、洗濯・使用シーン全般にわたって生じる悪臭抑制の性能を大きく向上させることができました。