界面科学

異なる2つの「もの」があれば、そのすべてに「界面」があり、この界面と切り離せないのが界面科学です。ライオンは100年以上、界面科学を研究し、時代に先駆けた新しい洗剤などを提供し続けてきました。近年、「環境配慮」をキーワードに植物のパームやしを原料に開発した界面活性剤が、洗浄力と生分解性を両立するとして世界から注目を集めています。また、空気と液体の界面現象である「泡」や、油と水の界面現象である「乳化」などの機構解明に世界最先端の技術を取り入れたり、界面活性剤にとらわれない未来の洗浄技術の開発に挑戦するなど、日々研究に邁進しています。

研究事例紹介

外部発表