動物実験代替法や薬効・薬理試験への技術展開

生命科学に関連する技術進歩やメカニズムの解明などにより、培養細胞を用いるなど動物を使わない試験方法(代替法)が開発されつつあります。お客様に安心して製品をお使いいただくことと動物愛護の両立を目指し、国内の他の企業とともに代替法の共同研究に積極的に参画、技術開発とその妥当性検討を進めています。
また、長年培ってきた安全性評価に関わる技術を応用し、薬効・薬理に関する研究も推進しています。開発研究所との緊密な情報交換を通してこうした研究を行うことで、機能性食品分野などの製品開発自体にも協力しています。