悪臭の分析も重要な仕事

体臭や口臭、衣類や住まいのニオイなど、嫌なニオイの研究も重要な仕事です。嫌なニオイの成分や原因を突き止め、製品開発に活かしています。ニオイの分析には、主に、GC-Oというタイプのガスクロマトグラフィーを使います。これは、多様なニオイの成分を単一成分に分離すると同時に、その個々の成分の官能評価も行なえる装置です。これにより、少量でも感知されやすい「ニオイ」成分を特定することができます。
これまで、「30代の男のニオイ」「衣類の部屋干し臭」「トイレのしみついたニオイ」などを分析し、その結果は、さまざまな製品開発に活かされています。

※ Gas Chromatography-Olfactometry

30代男性の体幹部をふき取り、GC-Oによる測定を行い、多様な成分が検出された。その中で、30代の男性に特徴的なオイリーなニオイの成分は、ペラルゴン酸を主体とする脂肪酸であることを、明らかにした。