研究体制

動物実験の代替等に関する取組み

ライオンでは、動物愛護の観点から、人への安全性を十分に確認できない場合や代替法を用いることができない場合、また法律で安全性保証に動物実験が不可欠となっている場合などを除き、コンピュータネットワーク等を利用した既存情報の有効活用や、細胞培養技術の利用などにより、動物を使わない方法で評価しております。

今般、化粧品(薬用化粧品を含む)の商品開発に際しては、動物実験を実施しないことといたしております。(ただし、万一、社会に対して安全性の説明責任が生じた場合や、行政から求められた場合を除きます。)