社員紹介

Interview 03 ヘルス&ホームケア営業本部営業統括部 営業システム室まさに縁の下の力持ち。
ライオンの信用を支えることに
貢献していると感じている。

profile

普通科高校、短大を卒業し、2006年に「障がい者採用」でライオンに入社。業務推進部(当時)に配属。小児麻痺により生まれた時から足が不自由で、入社試験の面接の際、「基本的にデスクワークしかできません」ということは伝えたという。

目標は「誰に聞けばいい?」という時に、
思い当たる人になること。

ヘルス&ホームケア営業本部営業統括部営業システム室に所属し、私のいるチームは、当社で取り引きしている卸店様と販売店様の住所などの登録、管理を担当しています。入社して8年になりますが、最初はマスターの登録方法を学ぶことから始め、今では、周辺情報も含めた判断を行いながら業務に取り組んでいます。社会に出て初めて入った会社がライオンなので、正直、「仕事の厳しさとはこういうものなのか」とも感じつつ、やりがいというか、働きがいのある仕事だと思っています。

営業システム室の仕事は、あまり表立って目立つものではありません。けれども、全社が使っている「取引先マスター」というシステムへの登録業務なので、私が間違えれば、例えば、配送のトラックが行き先を間違えて、ライオンの信用に関わってきてしまいます。社の信用を支える、その一翼を担わせていただいていると思っています。社長が「今期も目標が達成できた」といった話をされると、私も”縁の下の力持ち”としていくらかはそこに貢献できたのかな、と思います。

私の仕事上の目標は、「誰に聞いたら解決できるかな?」という時に思い当たる人になることです。「彼女に聞けば何とかなる」と思ってもらえるような存在になりたいと思っています。実は、今のチームのリーダーがそのタイプの方で、よく他部署の方が相談に来ています。早く私も社内の人から頼られる存在になれるよう、もっと社内の業務のことを勉強していかなければと、思っているところです。

労働組合の支部の役員も経験。
できる範囲のことは全部やってみる。

私は足が不自由で、自分で歩けますが、移動には時間がかかります。営業系の仕事はできないことは伝えてありましたが、入社する前は「どういう仕事かな」という不安も少しはありました。ですが、入ってみると、周りの方はみんな優しく接してくださいました。もしかすると、私の気付かないところで、うまくフォローをしてくれていたのかもしれません。

以前、私のいた部署が別館にあった時、そこには洋式のトイレが1つしかなかったのですが、ある日気付くと、2つに増えていたのです。あとで、先輩社員の方が会社に要望を出してくださっていたことを知りました。私からは、1か所だけ「手すりをつけてください」とお願いしたことがありますが、それ以外、特に困ったということはありません。

これまで私は、何事も前向きに、逃げずにやってみようという精神でやってきたつもりです。アタマではなくカラダで覚える派なもので、できるできないを考える前に、できる範囲のことは全部やってきました。仕事にもその姿勢で取り組んできましたし、労働組合の支部の役員を1期務めたこともあります。労働組合の活動もたいへんおもしろく感じましたし、顔と名前を覚えてくれた人が増えたという収穫もありました。

社会に出てライオンに入社し、私自身、精神面の成長が少しはできたかなと感じています。「何事も前向きに」の精神は働く上でも役には立っていると思いますが、実際の仕事を通じて、「最後まで責任を持つ」ことを学んだ気がします。自分では根性はある方だと思っていますが、ただ最後までやるのではダメで、責任を持ってやりきることが大事。仕事のやりがいや充実感は、責任を持つことの裏返しにあるのだということを噛み締めています。

本人の「強み」

1. 仕事に対する自覚と責任
営業システム室は、彼女も言うように目立つ部署ではないかもしれませんが、重要なリスト、データを扱う部署には違いありません。そうした部署にとって、「会社の信用に関わる仕事」という自覚を持ち、「責任を持って最後までやりきることが大事」と語る彼女は、貴重な戦力になっています。
2. 精神面での成長
働くことで彼女は、「精神面で成長できた」と感じています。それは、明確な役割と責任の分担の下で仕事を経験したからです。ただ働くだけで成長があるのではなく、意識を持って働いたからこそ、成長があったのです。
3. 何でも前向きに取り組む姿勢
彼女は、「何でも前向きに、逃げずにやってみる」主義だと語っています。限界を設けなければ、困難な仕事にもチャレンジできます。そして、そこにも、成長の機会があります。(ちなみに、彼女が個人的にぜひ挑戦してみたい趣味は、ハングライダーだそうです)。

私の「仕事風景」

パソコン作業

デスクワークがメインで、1日のうち9割くらいの時間は、パソコンに向かって仕事をしています。

登録内容のチェック

チェック作業は集中力を要します。特に大事なリストの最終チェックの時は、ダブルチェックをかけています。

他部署からの問い合わせ対応

各種リストの作成の依頼や様々な問い合わせが、営業セクションを中心に、社内の他部署から舞い込んできます。

転職者へのメッセージ

ライオンは、明るくて優しい人がたくさんいる会社です。私自身の経験を言うと、仕事上の将来のことについて、悩みを真剣に聞いてくれた主任さんに出会いました。その件で会社に掛け合ってくださった部長さんに出会いました。次は、私が、後から入ってくる人たちの面倒を見る番です。もちろん、仕事との出会いも、素敵なことです。多くの人が「ライオンで自分もチャレンジしてみようかな」と考えてくれると嬉しいですね。

その他の社員紹介

生活者行動研究所

研究開発本部 企画管理部

ヘルス&ホームケア営業本部営業統括部 営業システム室

お客様センター