営業・スタッフ

ヘルス&ホームケア営業本部 アカウント第1営業部

「NO.1セールス」は
人として信頼を勝ち得た先にある。

2011年入社 商学部卒
※所属部所はインタビュー当時のものです。

分析データだけではなく、
「現場の声」を提案に活かす。

全国展開をしている大型チェーン店の本部に営業をしています。担当カテゴリは、キレイキレイやhadakara、Ban等のビューティケア商品です。販売店の課題に対して、当社の商品を用いながら解決できるように、市場分析・消費者分析を行い、売場の提案や企画を行なっています。販売店への提案で心がけているのは、販売店で商品を購入される「お客様が誰か」ということです。データだけでは分からないことも多いので、実際に販売店の店舗を回って、現場を見るようにしています。店舗に行くと、来店している客層に対して最適な商品ラインナップを展開できているのかどうかが分かってきます。私も入社当初は、販売店のデータをとにかく分析すればいいと思っていましたが、今は「販売店のデータ」と「現場の情報」の両方が必要だと感じています。特に、全国に店舗を持つ販売店のバイヤーは、なかなか各店舗の状況を把握しきれていないことが多いので、店頭の様子など「リアルな声」を届けることができると、提案の説得力が増します。 分析能力やPCスキルは後から付いてくるので、まずはとにかく現場に出てコミュニケーションを積極的にとる経験を積むことが大事だと思っています。

誠実なコミュニケーションで
「関係」を変える。

販売店にとっての「NO.1セールス」になることを目指して仕事をしています。「NO.1セールス」とは、単に売上シェアのことではなく、販売店のバイヤーが悩んだときに一番に相談してくれる人になることだと定義しています。一番の相談相手が、一番信頼を勝ち得ているセールスだと思うからです。そのためには、「販売店の売上を伸ばすにはどうしたらいいか」という相手の立場に立った考え方をすることが重要です。販売店の「カテゴリ全体」の売上を伸ばすために、もちろん当社商品が主軸ですが場合によっては競合の商品を提案することもあります。販売店のカテゴリ売上が伸びれば、市場全体の活性化につながり、当社の売上向上にもつながると考えます。また、卸店に対しては「戦友」のように一緒に販売店のことを考えて仕事をする気持ちで誠実なコミュニケーションを心がけています。 これは以前担当した卸店の方に対する取り組みで実感したことです。最初は全く口も聞いてくださらなかったのですが、相手の立場に立ち「なぜ当社との関係性が悪くなってしまったのか」という背景から、相手の要望や意図を汲み取り、毎日情熱をもってコミュニケーションを取り続けました。相手の立場に立ってコミュニケーションをとったことで、人として信頼をしていただくことができ、その後は「戦友」として仕事を進められるようになりました。

会社に「影響力」のある人材に
なるために。

今は販売店を担当しておりますが、今後は卸店を担当する「エリアコーディネーター」になりたいと思っています。卸店とうまく協業することができれば、販売店に対してより良い提案ができますし、当社全体の売上向上に貢献できます。また、ゆくゆくは会社全体の方向性を決める仕事をする部所にも行きたいと考えています。経営陣の考えやビジョンを吸収し、会社全体の方向性を考えられる人材になったうえで、再度営業にチャレンジしたいと思っています。会社全体の方向性を現場の営業に落とし込めるようになると、さらに大きな成果を生めるのではないかと考えるからです。会社への貢献欲求が強く、会社のことを好きなのは、LIONが本当に「いい人」の集まる会社だからです。ただ優しいだけではなくて、人を大事にし、育ててくれる人が大勢います。任せてもらえる範囲は大きいですが、サポートが必要なときは全力でサポートしてくれる。そんな温かい人たちに囲まれているので、毎日「今日もがんばろう」と思えています。

休日の過ごし方 子どものお世話

最近、第一子が生まれたので、休日は子どものお世話をしています。子どもの洋服を買いに行ったり、家族ぐるみでお出かけをしたりしてリフレッシュできています。写真は仕事だけではなくプライベートでもお世話になっている会社の先輩・同僚と家族ぐるみでBBQを実施したときのものです。

OTHER PEOPLE

LIONは、なぜ挑むのか。