今日を愛する。LION RECRUITING SITE 2018

MEMBER

製品企画&ブランド育成

お客様の気持ちを
理解することが
本当に求められる
商品づくりにつながる。

  • ヘルス&ホームケア事業本部
  • オーラルケア事業部
  • 2005年入社 経済学部経営学科卒

学生のマーケティングは“仮説”まで。
その仮説を“カタチ”にできるのが現在の仕事。

営業経験を積んだ後、3年目から商品企画を行う部所へ異動したのですが、自分の考えがカタチになる、その達成感が何より魅力です。学生時代のマーケティングは「AであるからBであるはずだ」という仮説を立てるところで終わりがちでしたが、今はその仮説を実際の商品に結びつけ、結果を出さなければならない。だから、仮説の精度を上げるために市場の動き、営業の視点など様々な要素、条件を確認することが必要で、大変ではあります。その中でも大切にしていることは「お客さまが何を本当に求めているか」。一番難しいことでもありますが、それを忘れてはいけないですね。

将来の夢は新しい市場の創出。
新たな生活行動の提案をしたい。

現在はオーラルケアに関する仕事をしていますが、たとえばシニア向けなどは、今後の人口推移やそのライフスタイルの多様性を考えれば非常に可能性のある分野ですよね。お客様に喜ばれる商品や、ハミガキといえば○○といった既存市場を代表するような商品づくりはもちろんですが、生活がもっと豊かになるために「これはいい!」と思っていただけるような、今の世の中にはない新たな分野の商品、市場を生み出したいと思います。それが私の夢です。

私のキャリアパス CAREER PATH

薬品事業本部へ配属。大阪市内の販売店の店舗担当。
先輩本部担当の指示に従って店頭商談や陳列場所の確保、装飾に日々汗を流す。
販売店本部担当へ異動。
4つの本部を担当し、仕事の進め方もわけもわからず焦る毎日だったが、先輩社員のみならず卸店の担当さんや、販売店バイヤーさんからも商談のノウハウを教えてもらい成長。
3年目 薬品事業本部薬品事業部へ異動。
既存品のリニューアルやコミュニケーション開発を行う。何もかもが初めての体験で、
上長や先輩の後につきながら必死に動き回っていた。
4年目 ヘルスケア事業本部オーラルケア事業部へ異動。
デンタルリンス、ハブラシを中心に開発やプロモーションに携わる。
初めて自分で一から企画した新商品の発売のときは感慨深かった。
8年目 デントヘルスブランドへ担当変更。
シニア層へ向けた商品開発へ向けて、日々ニーズの探索と関連部所との打合せが続く。

牙をむくライオンたち

自分の経験には限度があることを知れ。

たとえばシニアの方がどんな商品を求めているか、どんなものがあれば生活が便利になるか、といったニーズは、まだその年齢にない私には分からない。だから、お客さまの気持ちにどれだけ近づけるか、が大事。そのためには話を聞いたり、調べたりするだけではなく、チームの仲間と体験会に行き、体に重石や手袋、関節ベルトを付けたり、白内障を疑似体験するためにゴーグルを付けたりと、体験をすることでお客様の状況を理解する努力をしています。

同じ職種の仲間たちを見る

働くライオンたち
TOPに戻る

PAGE TOP ▲