営業・スタッフ

ヘルス&ホームケア営業本部 トレードソリューションセンター

営業と販売店の「架け橋」として。
分析だけではない、アナリストが担う役割。

2012年入社 社会学部卒
※所属部所はインタビュー当時のものです。

営業と販売店、
両者を理解し繋げる存在。

私は「アナリスト」としてデータ分析などを行い、販売店の売上を上げるための提案を営業と一緒に行っています。自社商品を活かした提案を行う営業と、自社の業績改善を行いたい販売店、両者の中間に位置しその両者の期待を繋ぎ合わせるのが「アナリスト」の役割です。私は入社後4年間営業をしていたのですが、異動してアナリストになったときは、どういう動きをしていくべきか戸惑うこともありました。営業と同じ動きをしていても意味がないので、1年くらい自分の立ち位置を悩んでいましたが、今は、「営業と販売店、両者を一番理解して繋げる存在だ」と定義しています。もちろん営業は自社商品の売上を上げることを考えていますが、販売店の売上を伸ばすということも意識しないといけない立場です。そういう意味では、アナリストは「販売店の売上を上げるためにはどうしたらいいか」を中立的な立場で意見できるところに存在価値があります。また「両者のことを一番理解している」という部分にこだわっていて、当社の営業のことを販売店より知っているのはもちろんですが、販売店のことも当社の営業より理解している存在でいられるように意識しています。販売店のカテゴリごとの売上実績など数値分析から提案することも大事ですが、現場のことを知らないと的外れな提案になってしまうこともあるので、日々現場の声も聞くように努めています。

役割分担を越えることで
成長を生み出す。

会社の組織は部所や職種ごとに、仕事の「役割分担」をすることで成り立っていますが、ときにはそれが仕事の幅を狭めてしまうこともあると思います。仕事の範囲を狭めずに、「全部やってやる」くらいの気持ちで仕事をした方が、自分のできることも広がりますし、信頼につながっていくと思っています。アナリストとして分析だけを行うのではなく、現場の声を聞きに行くことを心がけているのは、分析だけでは販売店の本質的な課題に辿りつかず、信頼もしてもらえないと考えるからです。また自分の仕事の幅を広げるという意味では、大手販売店のアナリストを務めながら、並行して新規事例を創出することにも取り組んでいます。デジタル販促やインバウンドなど、これから会社が注力する分野の事例を創出することもミッションだと考えています。会社の方針から営業本部全体の戦略をどうしていくかという内容に触れる機会も多いので、会社や営業のことを俯瞰して見ることができるようになりました。日々新しい知識をインプットして視野を広げ、会社の方針や戦略を理解していく中で視座が高まっていくことにやりがいを感じています。

全体設計から各施策まで
一貫した顧客コミュニケーション
を実現させたい。

消費者が商品を認知してから購買に至るまでのコミュニケーション設計をしたいと考えています。どのターゲットに対して、いつどんなコミュニケーション施策をどのチャネルで展開するのか。当社の場合は、購買行動が行われる店頭も施策の一つになってきます。CM、販促ツール、店頭、デジタルなど一つの商品をとっても様々なチャネルで展開している中で、ターゲットに届く最も効果的な施策ができているかと問われると、まだまだ改善の余地があると思っています。全体設計をしたうえで、各施策に落とし込み、それを営業現場で販売店の戦略にも反映できていることが理想です。まずは、全体施策の中に販売店との施策を盛り込み、事例を作るところからチャレンジしたいです。

休日の過ごし方 コーヒー

今「コーヒー」にはまっていて、豆からこだわって探しています。豆を砕いて淹れる瞬間がいいですね。次は生豆から買って焙煎に挑戦したいと思っています。

OTHER PEOPLE

LIONは、なぜ挑むのか。