今日を愛する。LION RECRUITING SITE 2018

MEMBER

国際事業推進

タイの現地会社の 
経営サポートを担い、
同地での事業拡大に貢献。

  • 国際事業本部第1
  • 事業推進部
  • 2004年入社 商学部卒

「?したつもり」が落とし穴に。
コミュニケーションの重要性を実感。

現在の部署で、設備投資に関する重要案件の決済を通す担当者として業務に従事していたとき、ミスコミュニケーションにより一時決済が滞ってしまったことがあります。スピード感はとても大事ですが、自分が伝えたつもりでも、相手が理解しているとは限らないんですよね。報告・連絡・相談の徹底が必要だと学んだ出来事でした。それからは、どのくらい重要で、どの程度急ぎの案件なのかを理解した上で、関連する方々と頻繁にコミュニケーションをとることを肝に銘じています。

営業部時代には東京内1位の売上を達成。
ただ、出荷以降の状況への考慮も大事と反省。

営業担当時に、東京営業事業所の中でオーラルケア製品の売上達成率を競う企画があり、卸店の営業担当と1位を狙おうとさまざまな企画を検討し、東京内で見事に1位を達成することができました。ただ後日談として、あまりに製品を小売店に納品してしまった結果、在庫過多に。在庫消化に時間がかかってしまい、小売店からクレームを受けてしまいました。小売店の売上を最優先すること、その中で当社製品の売上を最大化する必要性を学んだ一件です。

私のキャリアパス CAREER PATH

1年目 ライオン・フィールド・マーケティング出向
大手量販店の店頭商談・陳列を実施。自分の商談・陳列次第で売上げが左右され、営業担当者としての基礎を学んだ。
3年目 関東・甲信越圏の小売店本部を担当
スーパーマーケット、ホームセンター、ドラッグストアなどさまざまな業態の特徴をつかむとともに、小売店と当社の売上両方を成長させることが、小売店との信頼関係を築くためには一番であることを学ぶ。
5年目 社内の国内留学制度に応募
慶応義塾大学大学院経営管理研究科にて2年間学業に励む。意識の高い社外の方と触れ合い、視野が広がる。また経営に関するさまざまな分野を学習し、企業経営全体の概略をつかむことができるようになった。
7年目 海外業務を担当する国際事業推進部に異動
インドネシア事業を2年間担当し、現在タイ事業を担当し2年が過ぎる。

牙をむくライオンたち

グループシナジーによるタイ人への新しい価値の提供

タイでは特に新規事業創出による売上拡大が求められています。そんな中、日本国内向けに販売している高付加価値製品を現地に本格輸出する事を開始。現地の新たなニーズを創出すると共に現地の事業拡大に寄与しています。

同じ職種の仲間たちを見る

働くライオンたち
TOPに戻る

PAGE TOP ▲