今日を愛する。LION RECRUITING SITE 2018

MEMBER

営業開発

お客さまに支持していただける 
売り場とブランドを 
どう育てていくかが課題。

  • ヘルス&ホームケア営業本部
  • 営業開発部
  • 2005年入社 経済学部経済学科卒

営業からアナリストというキャリアの中で
協働作業や連携の大切さを実感。

約7年間、営業を担当し、今の私の仕事はヘルスケア&ホームケア部門でのアナリストとして、自社ブランド育成のための戦略を考えること。問題を提示し、データ分析に基づいて準備をし、実行。そしてその結果を検証するという仕事です。その中で欠かせないのは、全国本部、地区本部担当の営業や店舗担当達との連携。準備の前段階から打ち合わせを重ね、一緒に理想の売り場を思い描くことです。現場との協働があればこそ、思い描いたものを実現できるし、成功した時の喜びも大きいですね。

後輩の成長を見られることがやりがい。
人材開発の仕事で貢献していきたい。

入社5年目に新入社員のメンターを任されたことがあったのですが、現在は研修プログラムの開発を行っています。売り上げ分析のデータを見せて、ワークショップ形式でディスカッションをしたり、インターンシップを取り入れたり、自分の営業時代の失敗談を話すことも。後輩の営業が自分で提案できるようになり、目標に向かって進んでいく成長のプロセスを間近で見られることは、やっぱり嬉しいですね。「ライオンの社員はどこの企業でも通用する」と言われるような人材育成に貢献していきたいです。

私のキャリアパス CAREER PATH

1年目 ライオンフィールドマーケティング 札幌営業所に出向。
札幌および岩見沢地区の量販店の店舗担当。冬の雪道の吹雪に耐え、店を巡回。
お客さまにどうやって売場を魅せるかにこだわって活動。
2年目 家庭品営業本部 東日本営業部に配属。
札幌に本部があるスーパー2社を担当。一方の販売店はスムーズに企画採用が決まり、
もう一方はなかなか決まらない……。得意先によってニーズは異なることを実感。
4年目 8月に大阪オフィス(ヘルスケア営業 近畿圏第1チェーン)に異動。
スーパー2社を中心に担当。
5年目 メンター制度における新入社員のメンターを経験。
教えることの難しさを感じながらも、後輩部員の手本になるという自覚を持つキッカケをもつ。
5月には結婚し、公私共に変化のある年。
8年目 アナリストへ業務変更(10月に東京へ転勤)。
九州の主要販売店および近畿の一部の販売店に対する提案活動。1回の商談に対しても営業担当と討議することで、
提案の切り口を増やすことができた。
10年目 GMS担当のアナリスト(現職)に。
No.1ブランドの育成を目標に、日々真剣な議論と実行を重ねる日々。

牙をむくライオンたち

自分らしさ、自分の強みをもち続けろ。

ライオンの社員は温和な人が多いのですが、中にはアグレッシブな人もいて、その人の持ち味を発揮しています。周囲を見て、協調することももちろん必要ですが、自分の強み、譲りたくないものを持ち続けてほしいですね。

同じ職種の仲間たちを見る

働くライオンたち
TOPに戻る

PAGE TOP ▲