今日を愛する。LION RECRUITING SITE 2018

MEMBER

ヘルス&ホームケア営業

多くの人のサポートが 
自分を支えてくれる。

  • ヘルス&ホームケア営業本部
  • 首都圏エリア営業部首都圏第1エリアユニット
  • 2007年入社 現代文化学部コミュニケーション学科卒

入社当初から営業一筋。
業務範囲も広がり、日々勉強。

4年目から、首都圏の大手ドラッグストアを中心に担当しています。担当販売店の売り場の問題点やバイヤーの悩みから課題を抽出し、販売店特徴や市場状況から仮説を立て、当社商品を絡めた売り場を提案していきます。大阪にいたときとは桁違いの売上規模を任されることになり、最初は失敗続き。今はエリアコーディネーターとして、営業だけでなく商品の手配など管理業務も仕事のうち。全部勉強だと、がんばって向き合っています。

社内外を巻き込む大騒動になり、
営業の仕事とは、と再認識。

3年目の冬、東京に来て初めて大型の販売店を担当したときのこと。商談で非常に大きな受注をいただきました。それまでとは担当の売上規模が二桁も違い、商品数も相当な数です。本来であればこのタイミングで生産スケジュールの調整や、倉庫への商品補給などの段取りが必要なのですが、無知がゆえにそれらを一切行っていませんでした。その結果、全国的品薄を起こしてしまい、社内外の多くの人にご迷惑をかけてしまいました。この失敗のおかげで、数字を上げるのが営業だと思っていたのを改め、実際にお客さんに届くまでが仕事だと痛感しました。

私のキャリアパス CAREER PATH

1年目 大阪オフィスに配属
半年間はルートセールスで先輩のサブとして行動。社内の先輩だけでなく、取引先や競合メーカーの社会人先輩方に社会人としての基礎を指導していただき、学生から社会人への階段を上り始める。この冬から、地元密着型ドラッグストアを複数担当。初めて自分の提案した売り場が本部で承認され、全店で実現したときの感動は今も鮮明。
4年目 東京オフィスに転勤
首都圏の大手ドラッグストアを担当。生活環境・仕事環境が大きく変わり、最大に苦労した年だが、振り返ると営業としての成長率著しい1年。
8年目 部署異動
大手卸店を担当。 現在はエリアコーディネーターとして、営業だけでなく商品の手配などの管理業務も任されている。

牙をむくライオンたち

得意先を納得させる戦略を考えるのが営業の醍醐味。

売上目標を達成するために、打てる手は打ち尽くします。当月がダメそうなら、翌月達成できるよういろいろな手を打つ、その戦略を考えるのは、年々楽しくなってきました。無理だと思われていた数字を達成させたとき、はガッツポーズします。

同じ職種の仲間たちを見る

働くライオンたち
TOPに戻る

PAGE TOP ▲