今日を愛する。LION RECRUITING SITE 2018

MEMBER

特販営業

販促用商品に当社製品を 
使っていただく仕事。
地道な活動が、
とくに大きな実を結ぶ。

  • 特販事業本部特販営業部東京営業所
  • 2011年入社 経営学部経営学科卒

運やタイミングにも左右される中、
受注を得たときの喜びはひとしお。

靴が大好きということもあり、あるシューズメーカーにアプローチしたいと考えていました。いいタイミングで「休足時間」のノベルティ専用品が出るという話もあったものの、まだ入社2年目で、どう動けばいいかためらっていました。そんなとき、先輩が声をかけてくれて運よく先方と話が進み、「では一度やってみましょう」ということに。メーカーのイラストを入れた小袋に入れて配布したところ、特にメーカーのターゲット層である女性からの評判が非常によかったんです。好評のため、2年連続での受注につながったのはうれしかったです。

正解がない仕事ではあるものの、
やり続けることでつかめるものがあるはず。

特販営業の仕事には、こうしたら受注がとれるといった正解がありません。でも、キャリアを詰めばつかめるものがきっとあるので、徹底的にやりたいと思っています。ノベルティは景気にも大きく左右されるので目標達成がむずかしいこともあり、またその日のうちに急遽提案を求められるなどハードな面もありますが、今は大変さよりやりがいが上回っていますね。今後は現場の声をしっかり聞き入れ、いつかはその情報を活かしてもの作りの立場でも活躍したいと考えています。

私のキャリアパス CAREER PATH

1年目 特販営業部へ配属。SP関連の企業を複数担当する。
何もかもが始めての中、諸先輩方からたくさんの学びを得て、早くチームに貢献したいと願い日々頑張る。
2年目 後輩ができ、人に教える難しさを知る。
また、自身の担当店も新たに増え、日々試行錯誤しながら営業活動に励む。
そんななか先輩との新規開拓で、自身の好きなブランドにアプローチし、見事受注獲得!
特注営業の楽しさを味わう。
3年目 担当店との良好な関係を築きあげ、
担当店の強みを把握し共同で作りあげる仕事の進め方を再認識する。
結果、メインで担当している金融ディーラーにおいて、大手金融機関の大口受注獲得に成功する。
4年目 継続受注のための営業活動、失注を補う
新規開拓を行う中で、特注営業の難しさを再確認する。
2?3年目に大口の案件がとれたことで、前年の達成度を超えるのが難しかった。
たまたま失注案件も続き、苦しい一年だった。

牙をむくライオンたち

流されることなく、自分の考えをしっかり持つ。

上司への相談、お客様との商談、人とお話しする際は、必ず自分の意見をしっかり持ってお話しすることを徹底しています。目上の人であろうが、担当店の社長であろうが、動じずしっかり意見を伝えることは大切にしていることです。

同じ職種の仲間たちを見る

働くライオンたち
TOPに戻る

PAGE TOP ▲