今日を愛する。LION RECRUITING SITE 2018

MEMBER

事業統括

会社売上の6割を占める
事業本部の損益管理担当として
利益計画達成への徹底したこだわりを見せる。

  • ヘルス&ホームケア事業本部
  • 事業統括部事業計画室
  • 2006年入社 商学部商学科卒

各部のリーダーとの折衝を任され、
新人といえども緊張感のある毎日。

入社当初は経理部予算原価チームに配属されました。担当業務は一般経費予算編成業務。想像以上の大きな金額の部所活動予算を、各部に適正配分するための折衝に臨みました。各部所が要望する予算をすべて受け入れると全社予算を上回ってしまうので、過去実績を分析した資料を基に、各部所長と話しながら落とし所を見つけていきました。新人にこんな大事な仕事を任せるんだ、という思いとともに全社的に顔を知ってもらう機会となり、これが今も財産になっています。

競争激しい市場で売上見通しを立てる業務。
今後の市況や経済環境を、より意識するように。

経理部時代は、当社から卸店への出荷である販売実績という結果的な数字しか意識していませんでした。6年目に事業本部に異動して、卸店から販売店への出荷こそが消費トレンドや商品の好不調を示す指標であることを学び、損益見通しを立てる上で重要な売上高の見通し算出について今までの認識を改めさせられました。月次の売上高見通しを立てる業務は、当社の市場地位がどのような位置にあるか、また今後の市況や経済環境を意識するようになり大変勉強になっています。

私のキャリアパス CAREER PATH

1年目 経理部予算原価チームに配属。
会計の知識がまったくない中、3ヶ月間会社負担で簿記学校に通わせてもらい、基本的な会計知識を学ぶ。担当は予算編成業務。多額の経費予算を配分すべく、各部所との予算折衝に臨む。 
2年目 事業本部損益の予実管理担当に。
管理会計の考え方や損益構造について学び、業績評価指標の算出を行う。一つのミスが各本部の査定に響くため、入念なチェックを徹底する一方、営業の同期たちが数字責任を背負っている中、業務を無機質に思う場面も少なからずあった。 
4年目 原価管理担当。
メーカーならではの製造原価の仕組みを学び、粗利益という企業の生み出す利益の大本に携わる。生産本部との人脈が広がり、管理会計の世界でそれまでの「点」の業務が「線」で繋がり始め、仕事の質が向上したと実感。  
6年目 ヘルスケア事業本部(当時)に異動。
これまで培ってきた管理会計や損益管理経験を現場で発揮。従来のコスト管理に加えて売上高や在庫の管理も行い、多忙ではあっても数字がすべて集まってくる事業本部運営業務におもしろさを感じる。 
7年目 ヘルスケア事業本部とハウスホールド事業本部が合併。
国内消費財事業を統括するヘルス&ホームケア事業本部に。損益管理業務の他に、新製品パンフレットの制作や新製品発表会事務局等の業務を経験。
8年目 中期計画策定業務に参画。
中長期的な国内消費財事業の方向性や、収益性向上施策を立案。経営企画部や事業部との相互調整を図る。

牙をむくライオンたち

従来の方法を大きく変え、見通し精度が大幅に向上。

これまでの費目管理は、現場報告の集計時に重複やモレを精査する作業が発生していたため、管理方法の切り口をプロモーション費等の使用目的別に瞬時に把握できる形式に一元化して現場とキャッチボールすることで、スピーディかつ効率的に見通しを纏め上げることができるようになりました。常に問題意識を持ち、課題解決に向けて組織的に動かなければいけない部所にいますから、見通しと実績の乖離幅が極小化されて改善効果を実感できた時はうれしかったです。

同じ職種の仲間たちを見る

働くライオンたち
TOPに戻る

PAGE TOP ▲