RECRUIT

募集要項

生産技術職

生産部門は、工場とその生産を支える生産技術分野と工場が生産活動を行うにあたっての生産管理体制・生産基盤の強化・管理を行う生産管理分野があります。
生産部門では、より良い品質の製品を、より安く、タイムリーに供給することを最大の使命とし、この為には、工場での無事故・無災害の安全はもちろん、環境への配慮、モノづくりへの生産技術の向上、そのための技術の伝承、人材の育成が欠かせない基盤です。
化学系プラントを中心に、製造・包装ライン全体の設計にかかわり、納期と設計品質の確保と生産性の更なる向上とに貢献する、当社を支える重要な部門です。
生産技術職のやりがいとして、新しい製品の導入に携われる喜び、生活に密着の製品を生産することで社会に役立っているという満足感、お客様が使う製品の品質を管理している責任感など、あらゆる場面で達成感を感じることができます。

募集内容

生産技術職では2つの応募コースがあります

総合コース

工場の製造現場で、工程・設備に関して迅速なフットワークで安定品質と安定供給を実現のために主に下記の業務に取り組みます。

・設備・・・生産能力増強に伴う投資予算の確保、投資内容の選定、導入後の管理。
・品質・・・原材料管理、製品検査(分析)により、製造現場で不良をださないよう国定を管理、改善。
・技術・・・化学系プラントを中心に製造・包装ライン全体の設計にかかわり、納期と設計品質の確保と生産性の更なる向上に貢献。海外生産拠点(タイ、マレーシア、インドネシア、韓国、中国、台湾)への技術支援も行い、今後ますますグローバルな活躍を期待。

生産管理(原価・経理)コース

生産管理は、工場が生産活動を行うにあたっての生産管理体制・生産基盤の強化・管理が主な業務です。
特に原価経理業務は、関連部門との係わり合いが多く、これらの業務に従事することにより、会社全体の動向が把握できる大変重要な業務となります。
年間の決算や監査対応、予算や標準原価策定、月次予算管理、ホストシステムを中心としたシステムを駆使して、多くの情報整理、生産全体の管理を行います。
また、生産管理をファーストキャリアとして、購買・SCM・事業計画作成など幅広いキャリアにチャレンジできます。

選考の流れ
  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

募集要項

応募条件
  • 2019年3月に4年制または6年制大学、大学院(修士・博士課程)を修了見込みの方
  • 2019年3月以前に卒業・修了された方(既卒の方)
  • 正社員として経歴はあるが、新規卒業予定者と同じ枠組みによる採用を希望される方
採用予定人数
16名(2018年度採用実績:16名)
採用実績校
全国国公立私立大
北大、東北大、筑波大、茨大、群大、お茶女大、首都大、東大、東工大、農工大、横国大、横市大、信大、金大、名大、名市大、奈良先端大、京大、大府大、阪大、徳島大、九大、大分大、早大、慶大、明大、東薬大、東理大、芝工大、立命館大、同志社大、京薬大、神戸学院(ほか)

待遇・諸制度

初任給
博士263,580円
修士250,940円
大学卒232,030円
高専卒192,660円
※高卒の初任給は、ハローワークからの求人票をご覧ください。 ※2018年1月時点
主な勤務地
営業・スタッフ職
東京(本社、オフィス)、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡
研究職
平井研究所(東京都)、小田原研究所(神奈川県)
生産技術職
本社(東京都墨田区)、各工場(千葉、小田原、大阪、明石)
勤務時間
標準勤務時間 8:30~17:15
※一部フレックスタイム制導入、コアタイム10:00~15:00 ※一部交代勤務あり
福利厚生
制度
雇用保険、労災保険、健康保険、企業年金保険、共済会、持株会、財形貯蓄
施設
独身寮(借上)、転勤者社宅(借上)、保養所、食堂、研修センター、健康管理室
休日・休暇
休日
年間124日
完全週休2日制(土曜、日曜)、祝日、年末年始
休暇
年次有給休暇、特別有給休暇(慶弔時、ボランティア特別休暇 等)
リフレッシュ休暇、産前・産後休暇、育児休業、介護休業 他
昇給・賞与・諸手当
昇給
年1回(4月)
賞与
年3回(3月、6月、12月)

OTHER RECRUIT

募集要項

LIONは、なぜ挑むのか。