開発STORY

 STORY 01 ナイスリムエッセンス ラクトフェリン 10年の歩みを、未来のウェルネスへ。

Chapter01ラクトフェリンとの意外な出会い
オーラルケアの研究中に偶然発見したラクトフェリンの新たな機能

ラクトフェリンは母乳に含まれる
多機能性タンパク質

1939年、デンマークの科学者によって発見された「ラクトフェリン」。人間を含む哺乳類の乳や唾液、涙や血液(白血球)などに含まれている成分で、特にヒトの出産直後の初乳には多くのラクトフェリンが含まれている。その濃度は、牛の初乳の約10倍。発見当初から赤ちゃんの健康を助ける成分としてのはたらきが注目されていた。

そんなラクトフェリンの研究にライオンが着手したのは、2003年のことだった。生命科学研究所所長の村越倫明は当時を振り返る。
「2003年からしばらくは、ラクトフェリンの基礎研究が中心でした。やがて、製品への応用を前提とした研究がスタートしたのが2005年です。ですがその時は、ラクトフェリンをオーラルケア分野に使えないかという発想でした」。

2006年、我々はオーラルケア分野における研究のなかで、ラクトフェリンの新たな知見を見出しました。当時、歯周病菌産生する毒素・LPSに関する研究を続けていたのですが、ある偶然の気付きから、ラクトフェリンの摂取により、生活習慣が関わる健康に関する新たな働きを発見したのです。

( 1 / 3 )

その他の開発STORY