活動レポート

事業所別活動レポート

大阪工場の生物多様性保全活動

2010年からNPO法人「日本ウミガメ協議会」に協力して「ウミガメ保護ボランティア活動」を行っています。保護の対象となるアカウミガメは、2015年にIUCNレッドリストの絶滅危惧ⅠBの指定から解除されました。しかし、産卵地ではアライグマ・たぬきによる食害に悩まされています。大阪工場では引き続き和歌山県みなべ町千里浜の保全、ウミガメの卵保全、孵化率調査、夜警補助などの活動を行い、産卵巣の食害数の抑制に大きく貢献しています。

2017年07月31日

今年最初のウミガメ保護活動を開始しました。

たまごを金属柵で保護

今年第1回目の現地活動を7月21日~22日に行いました。

 最初の活動でしたので、LE大阪事業所の方の協力の得て改造を行った金属柵105個を和歌山県みなべ町砂浜に搬入し、たまごの保護及び砂浜清掃を実施。

 今回は3班に別れ合計10の巣穴を掘起し、たまごへ金属柵をかぶせ保護を行いました。

たまごは産卵から約2ヶ月で孵化します、第2回目(9月上旬)の活動時に無事たくさんの子ガメが孵化しますように・・・

砂浜清掃

アーカイブ