地域共生活動

教育関連の活動

社員ボランティアによる科学教育

当社の研究における基本のひとつである「界面科学」をより良く知っていただくために、小学生への科学教育を行っています。江戸川区には50年以上の歴史を持つ科学教育センター事業があり、区・学校・区民の3者が協力し身近で起こっている科学現象やその面白さを子ども達に教えています。同じ区内にあり、生活者に役立つ商品を開発提供している企業として、当社研究所の有志がボランティアで年2~3回、科学を楽しむ授業を行い、毎回30名を超える小学生が参加しています。

小学生を対象に「洗剤に関するクイズ」、「洗濯で汚れが落ちる仕組み」や「シャボン玉の秘密」について、一緒に実験をしたところ、子どもたちは、油汚れが洗剤の力で衣料から引きはがされていく様子に目を見張り、凍ったシャボン玉に触れて歓声を上げていました。普段何気なく使っている洗剤に、とても面白い科学現象があることを体験してもらえ、科学に対する興味も高まったようでした。毎年もっと面白い実験ができるようアイデアを考えています。

2016年の実績
  2016年
実施回数 3回
参加した小学生(のべ人数) 129名
当社ボランティア(のべ人数) 41名

化学教育支援活動

当社は、実験授業、展示施設、技術情報誌の3つのツールを通して、次世代の化学教育支援活動に取り組んでいます。
身近な日用品を使用した実験授業では、小中学生には化学の楽しい体験を、高校生には知識の深堀ができるよう対象者に応じて内容をカスタマイズする工夫をしています。研究の拠点である平井事業所にあるコミュニケーションセンターでは、技術進歩の歴史や開発者の思い、環境配慮に向けた取り組みなどを紹介しています。また、最新の技術をわかりやすく紹介した技術情報誌「ライオンサイエンスジャーナル」を発行し、共同研究先などを中心に配布しています。

ライオンラグビー部による活動

ラグビー部による「ラグビーフェスティバル」開催

当社ラグビー部は毎年春に当社千葉工場グランドにおいて「ライオンラグビーフェスティバル」を開催し、地元ラグビースクールの子どもたちを含め、地域の皆様と交流をはかっています。ラグビー教室では、当社の現役ラグビー部員がチビっ子ラガーにわかりやすくラグビースキルを教えています。ラグビー教室終了後には、当社ラグビー部の選手やOBが昼食をつくり、一緒に食べるなどして、子どもたちや父兄の方々と交流を深めています。
2012年からは東日本大震災復興支援「東北に元気を love.石巻」プロジェクトの一環として、秋に石巻でもラグビー教室を開催しています。

ラグビー教室の参加者数
  2016年
参加者数 千葉 約400名
石巻 約100名

工場見学

工場見学への取り組み

工場見学はお客様と当社を結ぶ大切な接点のひとつです。
当社製品に親しみをもっていただき、安全・環境保全を第一とする操業状況をご覧いただくため、毎年多くの方に工場見学をしていただいています。

近隣の皆様のご見学(大阪工場)

昔の歯磨製造設備ミニチュアを使ってご説明
(小田原工場)

ビオトープのご案内(千葉工場)

2016年工場見学の内訳
工場 千葉 小田原 大阪 明石 合計
見学回数 88回 95回 38回 90回 311回
見学者数 2,217名 2,164名 838名 2,501名 7,720名

各事業所での活動

両国駅周辺で「花いっぱい運動」(両国オフィス・本社オフィス)

ライオン社員のボランティアグループ「花ボランティア」が、ライオン本社の最寄駅である墨田区両国駅周辺の花壇やフラワーポットに草花を植えています。
当社が日頃、通勤などで使用させていただいている両国駅周辺の環境美化を目的に道路を管理する東京都墨田区に道路の使用を申し入れたところ、ご快諾いただき、2005年9月から植え付けを開始したものです。
「花ボランティア」は、休日などに、草花の植えかえや水やりなどを行っています。

開花した花壇

「花ボランティア」のメンバー

工場・オフィス周辺の清掃活動

ライオングループの各工場・オフィスでは、地域社会とのコミュニケーションを大切にし、敷地内だけでなく周辺の清掃活動にも積極的に取り組んでいます。

明石工場周辺の清掃活動

大阪工場周辺の清掃活動

福岡オフィス近隣の海浜公園での清掃活動

大阪オフィスの清掃活動参加者

この他、札幌オフィス、東京オフィス、名古屋オフィス、小田原工場、千葉工場、ライオンケミカル(株)ファインケミカル事業所とオレオケミカル事業所、ライオンパッケージング(株)福島工場と市原工場、ライオン・スペシャリティ・ケミカルズ(株)小野事業所、四日市事業所でも取り組んでいます。

関口川の清掃に参加(小田原事業所)

小田原市国府津地区自治会連合会では、国府津海岸清掃活動を毎年実施し、小田原地区の社員が2003年から参加してきました。2008年からは近隣を流れる関口川に清掃場所が変更されましたが、活動は継続して行っています。

作業の様子

清掃活動参加者

  2016年
参加者数 53名

霞ヶ浦・北浦地域清掃大作戦に参加(ライオンケミカル(株)ファインケミカル事業所)

霞ヶ浦・北浦流域21市町村で構成される霞ヶ浦問題協議会主催の霞ヶ浦・北浦地域清掃大作戦にライオンケミカル(株)ファインケミカル事業所が2013年より参加し、従業員とその家族が近隣の方々や他の協賛企業の方々と毎年3月に一緒に清掃活動を行っています。

清掃活動の様子

参加した従業員とその家族

  2016年
参加者数 34名

神栖市海岸清掃の活動(ライオンケミカル(株)ファインケミカル事業所)

神栖市の海岸(日川浜・波崎)をライオンケミカル(株)ファインケミカル事業所が2009年より地域貢献活動の一環として、地域の方々と一緒に毎年7月に清掃活動を行っています。

おそろいの緑色のTシャツを着て参加

清掃活動の様子

  2016年
参加者数 41名

各事業所での生物多様性保全活動

地域や社会への貢献として、希少生物の保全などを行っています。これらの活動には社員がボランティアで参加しており、その経験が本来の事業活動における環境意識の向上につながっています。

各事業所での水資源保護活動

小田原工場 ライオンおだわらの森

小田原工場では2012年10月より小田原市・小田原市外二ヶ市町組合・ライオン小田原工場の三者で協定を結び、小田原市にある「塔ノ峰青少年の家」周辺の約91haの森林を「ライオンおだわらの森」と命名し、小田原工場が中心となり研究所を含む小田原地区として水源である森林の整備を行っています。
従業員とその家族が森林整備ボランティアのほか、小田原市による木工体験教室などに参加し、楽しく活動しています。

間伐作業の様子

木工体験教室の様子