ステークホルダー・コミュニケーションの推進

ステークホルダー・ダイアログの実施

当社は、ステークホルダーとの対話を「当社の目指す方向と社会の要請を照らし合わせ、よき企業市民としてのバランス感覚を確認できる貴重な機会」として重視しています。
例えば、外部有識者やお客様との意見交換会の開催や、お客様を対象とした事業所見学の実施、当社の環境保全・社会貢献活動紹介などを行っています。
意見交換の場のひとつである毎年開催しているステークホルダー・ダイアログでは、その時々に必要だと考えるテーマを取り上げ、ステークホルダーの皆様のご意見をいただいています。いただいたご意見は、事業活動に活かすだけでなく次年度のCSR報告書制作にも反映しています。
今後も世の中のニーズを捉え、社会の要請に応える企業を目指し、ステークホルダーの皆様との対話を続けていきます。

「おふろのルック」の泡切れのよさを実験で紹介

屋上ビオトープの見学

実施年 参加ステークホルダー テーマ
2014年 外部有識者・社員 「生物多様性情報交換会」
2012年 外部有識者 「新環境目標・環境コミュニケーション」
2010年~2011年 お客様、社員 「当社の環境保全活動・社会貢献活動について」
2009年 外部有識者 「すべてのお客様へ、安全・安心を届けるライオンであるために」
2008年 外部有識者 「CSR報告書を通じてのコミュニケーション~当社の意図は伝わっているか~」
2007年 外部有識者 「ライオンCSR報告書を読む会」

Adebe Reader

PDFをご覧になれない方は
ここからAcrobat Readerをダウンロードして下さい。