当社の環境保全活動・社会貢献活動について

パート1
お客様へのライオンの環境保全活動・社会貢献活動のご紹介

2010年12月4日(土)当社のメールマガジンを見てご応募いただいたお客様65名を平井コミュニケーションセンターにお招きして「ライオン平井事業所の見学会と環境保全活動・社会貢献活動のご紹介」というイベントを開催いたしました。
企業が社会的な責任を果たすには、自社の取り組みを広く社会にお伝えし、ご意見をいただきながら取り組みに反映させていくということが重要です。今回は、お客様に当社の活動を知っていただくとともに、ご意見を頂戴する大変貴重な機会となりました。
今回のダイアログから、お客様は、当社の商品やご自分との接点を通じた環境保全・社会貢献活動への関心が高いことがわかりました。しかしながら、お客様にはライオンの環境保全・社会貢献活動は十分伝わっていないこともわかりました。そこで、お客様との重要なコミュニケーション手段であるホームページのCSRサイトは、これまでCSR報告書の内容に準じたものでしたが、今回のダイアログを受けて、専門的な知識がなくても、視覚的に理解しやすいことを目指した改訂を行いました。CSRサイトのさらなる充実はもちろん、メールマガジンやCM、店頭など、適切な機会を通じてお客様とのコミュニケーションの強化を考えていきます。

当日のプログラム

  1. 平井事業所の見学
  2. 3つのテーマ(環境保全・CSRコミュニケーション・口腔の健康)に沿った当社の取り組みご紹介と質疑応答
  3. アンケート
  4. アンケート

プログラムでは全て社員がお客様に当社の活動についてご説明。
お客様のご質問からは当社の商品開発、環境や社会貢献への取り組みに対する期待がヒシヒシと伝わって来ました。
そして、社員の説明に熱心に耳を傾けてくださったり、前向きな意見を頂いたり、ライオンは素晴らしいファンの皆様に支えられているということを知り、社員一同感動して、期待を裏切らないよう、士気を新たにした一日となりました。

バスで到着されたお客様をスタッフ社員がお出迎え。

見学では新製品「バファリンかぜEX」の溶け易さを実験。

見学では新製品「バファリンかぜEX」の溶け易さを実験。

屋上庭園にご案内。

プレゼン形式で当社の取り組みをご紹介

「環境保全について」

「CSRコミュニケーションについて」

「口腔の健康について」

お客様からの質問にも担当者からお答えしました。

最後はライオンちゃんグッズの抽選会もありました。

小さなライオン・ファンが生まれたかな?

皆様に笑顔でお帰りいただけたのが一番でした。

最後のバスにスタッフ社員総出でお見送り

皆様ご来場ありがとうございました!
by スタッフ社員一同

パート2
当社の環境保全活動・社会貢献活動に対するお客様と社員の評価の比較

2011年に実施した社員とのダイアログは、2010年のお客様とのダイアログと同様の内容で行いました。お客様と社員の2つの調査結果を分析したところ、両者の評価には全体的に大きな相違は認められませんでした。また、お客様の評価が高く、社員の評価が低かった項目はありませんでした。
お客様と社員ともに評価が高かった項目は、事業活動や商品由来のCO2削減などの「地球温暖化防止」、消費者との双方向コミュニケーションである「お客様相談窓口の強化」、さまざまな世代に向けた「歯科保健活動」でした。さらに、お客様は「CSR報告書」より、容易に情報を入手できる「ホームページ」での情報発信を求めていることが明らかとなりました。当社の歴史ある口腔衛生普及活動のひとつである「学童歯みがき大会」は、社員には十分浸透しています。一方、お客様へは十分に伝えられていないと考え、今後はインターネット配信などで情報発信をさらに拡大し、浸透をはかっていきます。

マテリアリティ分析
対象者 お客様(当社メールマガジン読者)65名 社員(管理職+組合代表)107名
実施時期 2010年12月4日 2011年11月29日~12月7日
調査内容

下記の3つのテーマに関する当社の活動について順位をつける

  • CSRコミュニケーション
  • 環境保全活動
  • 口腔の保健

マテリアリティ調査の分析
(お客様と社員の評価の比較)