子供たちに歯みがきの大切さを楽しく学んでいただきました

東北に元気を love. 石巻 創業者 小林富次郎ゆかりの地である宮城県石巻市で復興支援活動を実施しています。石巻市の震災復興計画の重点分野の中で、当社がお役に立てる分野として、「子どものケア」「コミュニティ形成」「経済復興」において活動しています。

子供たちに歯みがきの大切さを楽しく学んでいただきました。

2014年4月23日〜24日

桜が満開となった4月の石巻市で、第6回となる歯みがき啓発活動を市内のメロン保育園、石巻地区保育所、吉田保育園の3箇所で行いました。
「アンパンマンとムシバラスの紙芝居」、当社オリジナルの「飛び出す絵本」、「ムシバラスの的当てゲーム」を用いて子供たちに歯みがきの大切さを楽しく学んでいただきました。
 最後に歯みがきセットを受け取りながら「ちゃんと磨くよ」と元気に約束してくれる子もいました。

かわいい子供たちをお迎え(石巻地区保育所)

かわいい子供たちをお迎え
(石巻地区保育所)

飛び出す絵本の読み聞かせ

飛び出す絵本の読み聞かせ

静かに聴いている子供たち(メロン保育園)

静かに聴いている子供たち
(メロン保育園)

夢中で見入る子供たち(吉田保育園)

夢中で見入る子供たち
(吉田保育園)

参加者の声

オーラルケア研究所 鈴木 健太

オーラルケア研究所
鈴木 健太

今回、啓発活動という目的で行き、子供たちに歯みがきの大切さをわかってもらえたと思いますが、それ以上に関わった皆様から学び、感じた活動でした。
今後、何が出来るか、もしまた大震災が起きたら、自分に何が出来るのか考えていきたいと思います。
 今回お世話になった方々に深く感謝いたします。