ライオン山梨の森
森でのかつどう


「ライオン山梨の森」では、ボランティア休暇制度を利用したライオン社員を中心に、年3回(春・夏・秋)森林整備活動をおこなっています。
「森林整備」と一言で言っても、その内容は実にさまざま。健康な森をつくるための作業や森への理解を深める時間、地元の方々と交流を図るひとときなど、さまざまな切り口からプログラムを組み立てています。ここでは、標準的なスケジュールに沿って、作業の内容をご紹介します。

1日のスケジュール

午前

  • 1「ライオン山梨の森」に到着
  • 2活動開始!

季節ごとに異なる活動を行います。

春の活動

植林

10年後の森の姿をイメージして、1本1本丁寧に植えていきます。

「ライオン山梨の森」では現地の植生に合わせた広葉樹を植えています。

土の中に木の根をしっかり張った木々は、土を守り、水をたくわえ、生きものたちを養います。いつの日か、健やかな森が目の前に広がりますように。私たちはそんな気持ちを込めて、地元八幡小学校の皆さんと一緒に苗木を植えています。

夏の活動

下刈り

生い茂る草を丹念に刈り取る。それにより、植林した苗木がすくすくと育ちます。

下刈りとは、植林した木々の周囲に生えてくる植物を刈り払うこと。周囲の植物を刈ることで、植林した苗木に十分な日光が当たり、健全に生長していくのです。

炎天下での重労働を終えると、森への愛着がいっそう深まります。

秋の活動

間伐

ほどよい密度の森にするために、定期的な間伐を。地道な作業の積み重ねが、強い森をつくります。

間伐とは、木と木が混み合ったエリアで、木を間引くための伐採のこと。これにより、林床に日光が届き、残された木の成長が促され、風や雨に強い丈夫な木が育ちます。切り倒す方向や切り込む位置を見極めるなど、間伐はなかなかコツの要る作業です。

伐採した材木は余分な枝を払い、適度な長さに切断した後、資源として有効に活用しています。

昼食

  • 3地元の婦人会手づくりの
    地元料理

地元の採れたて野菜などを使ったお料理を作ってくださるお母さんたちと交流しながらいただきます。

午後

  • 4間伐または枝打ち。
    ……間伐材の運び出し。
  • 5全作業終了!
  • 6温泉で入浴。
    疲れたからだを癒します。
  • 7解散。おつかれさまでした!

森林整備 体験者の声

2006年からはじまった「ライオン山梨の森」での森林整備活動には、さまざまな年代のライオン社員や地元の小学生が参加しました。これまでの活動の様子を、写真と参加者から寄せられた声でお届けします。

八幡小学校 5年生

働いた後の汗は、とっても気持ちよかった。

先生や担当の人と力を合わせ、時間を忘れて木を植えました。大変な作業だったけど、とっても楽しかったです。

八幡小学校 5年生

10年後にここが緑の山に変わると思うと、ワクワクします。

木を植える大変さや楽しさを知りました。僕が植えた木がCO2を減らして温暖化を防いでくれるといいなぁ。

ライオン 社員(20代)

ものを大切にする意味を学びました。

活動を通して、木や森だけでなく、ものを大切にすることの意味を学んだ気がします。ライオンの社員として、環境のことを真面目に考えながら商品づくりをしていきたいです。

ライオン 社員(20代)

鳥によって、適する巣箱が違うなんて。

呼び寄せたい野鳥によって、つくる巣箱の種類を分けるなんて初めて知りました。ボランティアって人のためにやっているようでいて、実は自分のためになることを実感。

ライオン 社員(60代)

子どもたちとの共同作業は、疲れを感じさせません。

何といっても、小学生との共同作業が楽しかった!昨年植林した木が生長しているのを確認できたのも、収穫のひとつですね。10年後の森の変化を見届けたいです。

ライオン山梨の森