ライオン山梨の森
あゆみ

「ライオン山梨の森」で墨田区の第1回森林整備体験活動

墨田区では、区や区民および事業者等が協働で、より良い環境の維持、回復、創造を進める取り組みを続けています。今回の活動は、その取り組みの一環として、森林保全・整備活動を通じて「みどり」の大切さや地球温暖化防止への効果を学ぶために墨田区が企画し、山梨市、峡東森林組合、ライオンが協力し、おこなわれたものです。

中村山梨市長、永合ライオンCSR推進部長、相澤墨田区環境保全課長のご挨拶の下、開会式がおこなわれ、その後、徒歩で20分程離れた間伐作業場所に移動しました。山梨県森林総合研究所のレクチャーの後、森の中へ。14名の参加者の方は、急な斜面に最初途惑ったようですが、しばらくすると斜面に慣れ、峡東森林組合の方々の指導の下、1時間程間伐作業を体験しました。天気にも恵まれ、さわやかな汗を流した後、皆でお弁当を広げて昼食。それぞれが、手作りのお弁当を持ち寄り交換するなど、一日中和気あいあいの活動でした。

  • 開会式

    開会式

  • 第1回活動参加者の皆さん

    第1回活動参加者の皆さん

  • 山梨県森林総合研究所による間伐のレクチャー

    山梨県森林総合研究所による間伐のレクチャー

  • 森の中で、木を倒す方向を学ぶ

    森の中で、木を倒す方向を学ぶ

  • 間伐作業

    間伐作業

  • 間伐作業

    間伐作業

  • 間伐した木の枝をはらう

    間伐した木の枝をはらう

  • 手作りのお弁当を持ちよって昼食

    手作りのお弁当を持ちよって昼食

一覧に戻る