ライオン山梨の森
あゆみ

第2回「ライオン山梨の森」皆伐

「ライオン山梨の森」ではマツクイムシの被害が進行しつつあり、樹種転換のため2008年2月に皆伐が行われました。樹種転換事業にはライオンの提供する森林整備費が活用され、搬出された木材は「3.9ペーパーハステム」仕組みを通して、ライオンのCSR報告書、発注台帳、会社案内の紙として利用されます。皆伐後の土地にはヒノキが植えられ、内0.1haの地域には4月の森林整備活動でボランティアが植林活動を行う予定です。

※ 精査の結果、44トン→41トンに修正しました。(2009年10月19日)

皆伐作業の様子

皆伐作業の様子

  • 第2回皆伐前 2009年1月

    第2回皆伐前 2009年1月

  • 皆伐後 2009年3月 (左手側の皆伐が進んだ

    皆伐後 2009年3月
    (左手側の皆伐が進んだ

  • 皆伐材・間伐材が活用された冊子類

    皆伐材・間伐材が活用された冊子類

一覧に戻る