ライオン山梨の森
あゆみ

墨田区民の第5回森林整備体験活動(植林)

5月15日、墨田区主催による区民(在住・在勤)の植林体験が「ライオン山梨の森」で実施されました。墨田区では、2009年10月の「すみだ環境区宣言」に基づき、区や区民および事業者等が協働で、より良い環境の維持、回復、創造を進める取り組みを続けています。今回の活動は、その取り組みの一環として、森林保全・整備活動を通じて「みどり」の大切さや地球温暖化防止への効果を学び、社会に貢献する機会を区民に提供することを目的に墨田区が企画し、山梨市、峡東森林組合、ライオンが協力しています。森林整備体験は2007年11月に初めて実施されてから、毎年「ライオン山梨の森」を利用して実施されています。
10名の参加者は、苗木の植え方の説明を峡東森林組合より受け、約1時間の作業で、ヤマモミジとコナラなど計47本の植林を行いました。開会式には竹腰山梨市長が出席され、ご挨拶の言葉を述べられた後、区民の方と一緒に植林をされました。(今回の活動は、「農業用水水源地地域保全対策事業」に参加した活動です。)
活動の最後には森林組合から野草の説明があり、参加者の方々は楽しそうにその解説を聞かれていました。

  • 開会式

    開会式

  • 竹腰山梨市長よりご挨拶

    竹腰山梨市長よりご挨拶

森林組合より苗木の植え方を説明

森林組合より苗木の植え方を説明

  • 最初は森林組合が植林の手助けをする

    最初は森林組合が植林の手助けをする

  • 苗木を丁寧に植える

    苗木を丁寧に植える

全員で植林

全員で植林

  • 森林組合より、野草の説明

    森林組合より、野草の説明

  • 作業後は木陰で昼食

    作業後は木陰で昼食

  • 苗木を植えた場所で記念撮影

    苗木を植えた場所で記念撮影

  • 看板の前で竹腰市長と一緒に記念撮影

    看板の前で竹腰市長と一緒に記念撮影

一覧に戻る