ライオン山梨の森
あゆみ

「ライオン山梨の森」野生生物調査(第7回)

2013年6月1~2日、特定非営利活動法人アースウォッチ・ジャパンによる第7回ライオン山梨の森・野生生物調査が行われました。ご指導いただく立正大学・須田知樹准教授、スタッフ3名のほか、アースウォッチ・ジャパンの会員ボランティア4名とライオン社員ボランティア2名の総勢10名が参加しました。

調査は須田准教授のご指導のもと、野生生物の痕跡(動物の足跡、フン、食べた跡)などを見つけて位置の測定を行い、データを蓄積していきます。

お天気にも恵まれ、二日間でリス・タヌキ・シカ・ネズミ・ノウサギ・イノシシ・クマ・イタチ・サルの痕跡が見つかりました。

夜には、須田准教授から、森林と動物の生態系、そして人間生活との関係に関するレクチャーがありました。

参加者からは普段の山歩きではできない経験や視点を得られ、楽しく調査を行えたことや、野生生物をめぐる様々な問題を知り、考えさせられたなどの感想が寄せられました。

  • 植物についてのレクチャーもあります

    植物についてのレクチャーもあります

  • フンの識別中

    フンの識別中

  • ネズミの食べた跡

    ネズミの食べた跡

  • ネズミの巣穴

    ネズミの巣穴

  • シカの足跡

    シカの足跡

  • 集合写真

    集合写真

一覧に戻る