ライオン山梨の森
あゆみ

第22回「ライオン山梨の森」(2014年春の森林整備ボランティア活動)

2014年4月18、19日「ライオン山梨の森」で第22回目となる今年初めての森林整備ボランティアを開催しました。昨年秋の第21回は台風で中止にしたため、コーディネーターであるオイスカと地元の峡東森林組合、シカ除けネットのメーカーである信濃化学工業のご指導のもと、久しぶりの活動となりました。

4月18日は午前中、雨天だったため、一緒に植林を行う予定だった山梨市立八幡小学校5年生22名は参加いただけませんでしたが、社員ボランティア20名、フェリス女学院大学9名は塩山にある「杜の交流館」でオイスカによる「日本の森の現状」などのレクチャーを聴講し、午後から森に移動して、新設した「クリニカの森」エリアで植林とシカ除けネット掛け作業を行いました。

4月19日は社員ボランティア12名と社員のお子さん1名(中学生。初の親子参加でした)が参加し、「クリニカの森」エリアで昨日の続きの植林とシカ除けネット掛け作業を行いました。

両日ともに、昼食は地元・水口地区婦人会の手作りのおにぎり・山菜てんぷら・漬物・山梨ワイン豚入りトン汁をいただきました。とても美味しく、参加者に大好評でした。

そして、植林の後は森に生えている植物の観察をしながら山を登り、過去に間伐を行った場所の視察をしながら、間伐の効果を学びました。

18日の午前中の雨により、二日間とも当初の予定を変更する行程となりましたが、外部スタッフの皆様の連携により、無事に充実した活動となりました。 この場を借りて御礼申し上げます。

  • 4/18集合写真

    4/18集合写真

  • 午前中の「杜の交流館」での講義風景

    午前中の「杜の交流館」での講義風景

  • 植林した後のシカ除けのネット掛け

    植林した後のシカ除けのネット掛け

  • 二日間の作業でネットを掛け終えました

    二日間の作業でネットを掛け終えました

  • 昼食の山菜てんぷら

    昼食の山菜てんぷら

  • 植物観察の様子

    植物観察の様子

  • 山の上では桜が見ごろでした

    山の上では桜が見ごろでした

  • フェリス女学院大学の学生さん方

    フェリス女学院大学の学生さん方

  • 中学生の息子さん(左)も楽しんでくれました

    中学生の息子さん(左)も楽しんでくれました

  • 4/19集合写真

    4/19集合写真

一覧に戻る