ライオン山梨の森
あゆみ

地元小学生との植林活動(2009年春)

当社の森林整備活動では、地元との交流も大切に考えています。2008年の春の活動で、地元小学生と一緒に広葉樹を植える予定でしたが、残念ながら雨が降ってしまい、小学生は別の日に活動することになってしまいました。
幸い、今回の活動は天気に恵まれ、地元八幡小学校5年生の皆さんと一緒の植林活動を実施することができました。植林の指導を山梨県森林総合研究所や峡東森林組合にお願いし、子供たちとライオン社員などが一緒になって約1時間作業を行い、カエデ、ケヤキ、ヤマモミジ、クヌギ、クリ、コナラを42本ずつ、計252本の植林を行いました。

  • 永合CSR推進部長より、開会のご挨拶

    永合CSR推進部長より、開会のご挨拶

  • 森林総合研究所より、小学生に植林の意義の説明

    森林総合研究所より、小学生に植林の意義の説明

  • 一人ひとり鍬を持って植林場所へ

    一人ひとり鍬を持って植林場所へ

  • 森林総合研究所と峡東森林組合が植え方の手順を具体的に説明

    森林総合研究所と峡東森林組合が植え方の手順を具体的に説明

  • 大人には簡単な穴掘りも、子どもには大変な作業のため、大人が手伝います

    大人には簡単な穴掘りも、子どもには大変な作業のため、大人が手伝います

  • 小学生と一緒に広葉樹の植林

    小学生と一緒に広葉樹の植林

  • 子供たちは自分の願いを杭に書いて、苗木の隣に添える。

    子供たちは自分の願いを杭に書いて、苗木の隣に添える。

  • 一緒に「100万本植樹運動」の標柱を立てる

    一緒に「100万本植樹運動」の標柱を立てる

  • みんなで一緒に記念撮影1 (100万本植樹運動)

    みんなで一緒に記念撮影1
    (100万本植樹運動)

  • みんなで一緒に記念撮影2 (農業用水水源地地域保全対策事業普及促進対策植樹活動)

    みんなで一緒に記念撮影2
    (農業用水水源地地域保全対策事業普及促進対策植樹活動)

一覧に戻る