2015年1月10日、ライオン平井研究所(東京都江戸川区)にて「雨活アイデアコンテスト2014」の表彰式を開催しました。第4回目である今回は、全国209の小中学校・団体から、6,277作品もの応募をいただきました。その中から最優秀賞を受賞された小学生4名、中学生3名とそのご家族、総勢30名をお招きし、表彰式のほか、研究所内の研究紹介施設や雨水利用施設の見学会、懇親会を行いました。 2015年1月10日、ライオン平井研究所(東京都江戸川区)にて「雨活アイデアコンテスト2014」の表彰式を開催しました。第4回目である今回は、全国209の小中学校・団体から、6,277作品もの応募をいただきました。その中から最優秀賞を受賞された小学生4名、中学生3名とそのご家族、総勢30名をお招きし、表彰式のほか、研究所内の研究紹介施設や雨水利用施設の見学会、懇親会を行いました。

表彰式

ご家族が見守る中、最優秀賞を受賞された小中学生に主催者である雨水市民の会・山本耕平理事長とライオン株式会社CSR推進部・小竹由紀部長より表彰状・トロフィー・副賞が授与されました。
山本理事長より審査委員総評もいただきました。

受賞作品はこちら

見学会

受賞者の皆さんには表彰式の後、平井研究所内を見学いただきました。
平井研究所はライオン製品の研究開発をしている施設で、一般公開していませんが、今回は特別に研究紹介施設、雨水利用施設を見学いただきました。平井研究所には地下に約50トンの雨水を溜めておくタンクがあり、雨水を花壇への散水や一部のトイレの流し水、中庭の池、屋上ビオトープの小川の水に有効活用しています。


懇親会

見学会終了後は懇親会を開催!
司会者から受賞者のご家族に受賞の喜びや、作品の誕生秘話など、インタビューしました。主催者であるライオン社員とも、和気あいあいと歓談し、コミュニケーションを深めました。