CSRな社員より


本社で「打ち水」を行いました

みなさん、こんにちは。
CSR推進部の「しまきち」です。

毎日陽射しが照りつけて厳しい暑さですね。
よく昔からの知恵で打ち水をすると気温が下がると言われていますが、先日(8月10日)の昼休み、ライオン本社の屋上緑化庭園(LIONエコ・グリーンガーデン)で実証してみました。

総務部とCSR推進部を中心とした有志17名がLIONエコ・グリーンガーデンに集まり、雨水タンクに溜めた雨水をバケツやペットボトルに移して一斉に芝生やコンクリート部分に撒きました。

  • この樋(とい)を伝った雨水がタンクに溜まります

    この樋(とい)を伝った雨水がタンクに溜まります

  • これが屋上の雨水タンク 2トン溜まります

    これが屋上の雨水タンク
    2トン溜まります

  • 雨水タンクに溜まった雨水は意外に透き通っています

    雨水タンクに溜まった雨水は意外に透き通っています

  • 思い切り水を撒くのは気持ちが良いです!

    思い切り水を撒くのは気持ちが良いです!

水を撒いた後の気温は33.0度から31.2度に下がりました!

雨水ってこんなに溜まって、そして使い道のあるものなのか~と実感できました。

みなさんも雨水やお風呂の残り湯など使って打ち水してみてはいかがでしょう?
朝方や夕方ならもっと効果があるようですよ。

ちなみにライオン本社では通常、この雨水を屋上緑化の水やりに利用しています。

一覧に戻る