CSRな社員より


小学生向け科学教育を行いました

みなさん、こんにちは。
CSR推進部の「しまきち」です。

ライオンの平井研究所が所在する江戸川区では今年で54年目の歴史を持つ「科学教育センター事業」があり、区・学校・区民の3者が協力し身近で起こっている科学現象やその面白さを小学生に教えています。
ライオンの研究員も年2回ボランティアとして参加し、子供たちに楽しく学べる科学授業を行っています。

今年も8月27日、若手研究員を中心とした24名が江戸川区内の小学校を訪問し、科学授業を行いました。

はじめにメンバーからご挨拶

はじめにメンバーからご挨拶

日頃の研究開発で活用している「界面科学」という洗剤の基礎技術を小学生にも分かる言葉で説明するのは、意外と難しい事なのだそうですが、若手研究員にとっては改めて勉強する良い機会にもなっているようです。
「しまきち」は研究員ではないので、応援スタッフとして参加しました。
授業は
1.洗剤に関するクイズ
2.洗剤についての授業&実験
3.シャボン玉の秘密&お手玉大会
の3部構成で行われましたが、元気いっぱいの子供たちのパワーに圧倒されながらも、あっという間に1時間45分の授業は終わってしまいました。

  • クイズは2人で進行

    クイズは2人で進行

  • 水に「すす」を入れても集まって浮いているだけ(右) 洗剤を入れるとみるみる水の中に広がって真っ黒に(左)・・・

    水に「すす」を入れても集まって浮いているだけ(右)
    洗剤を入れるとみるみる水の中に広がって真っ黒に(左)・・・

  • しかし、紙を入れて引っ張り上げると 黒い水の方が「すす」が付きません(右)

    しかし、紙を入れて引っ張り上げると
    黒い水の方が「すす」が付きません(右)

  • 夢中になる子供たちを温かく見守る研究員

    夢中になる子供たちを温かく見守る研究員

  • マンツーマンの指導も行いました

    マンツーマンの指導も行いました

  • ドライアイスで凍ったシャボン玉(右)

    ドライアイスで凍ったシャボン玉(右)

軍手をすると触れても割れにくいため、 お手玉ができます

軍手をすると触れても割れにくいため、
お手玉ができます

最後にボランティアのリーダーから「皆さんの中からいつかライオンに入社して一緒に研究する人が出てきてくれたら嬉しいです」という内容の挨拶をして終了しました。

子供たちの興味を引くテーマと驚く実験結果に「しまきち」も小学生の時、このような授業を受けていたら、もう少し、いや、もっと勉強して研究者を目指していたかもしれない、と思うほど夢がいっぱい広がるような活動でした。
今年は秋にもう1回活動する予定です。

一覧に戻る