CSRな社員より


春の森林整備活動を行いました

みなさん、こんにちは。

CSR推進部の「しまきち」です。 

2015年4月24、25日「ライオン山梨の森」で第25回目となる今年初めての森林整備活動を行いました。 

4月24日はボランティア特別休暇を取得した社員18名とリビングケア研究所の研究員5名の総勢23名が参加しました。

午前中は山梨市立八幡小学校5年生の児童19名も参加し、社員1~2名と組になり、一緒に「Magica(マジカ)の森」エリアの植林と、「八幡の森」エリアで補植を行いました。

(※補植とは・・・植林後、苗木が枯れてできた空き地に再び苗木を植えること)

 

4/24八幡小学校5年生の皆さんと記念撮影

4/24八幡小学校5年生の皆さんと記念撮影

植林後は社員から児童に台所洗剤「Magica」をプレゼントしました。

また、リビングケア研究所が中心になり、「Magica」の油汚れの優れた分解力を証明する、研究員によるミニ実験も行いました。

  • 実験の説明は若手研究員が担当(左の2名)

    実験の説明は若手研究員が担当(左の2名)

  • 赤く着色した油が全体的に濁るのは分解されて細かくなった証拠(左がMagica)

    赤く着色した油が全体的に濁るのは分解されて細かくなった証拠(左がMagica)

児童たちは「CMで見て、本当かどうか疑っていたけれど良く分かった。」などと喜んでくれ、学校に戻って行きました。 

午後は社員だけで「八幡の森」エリアで補植の続きを行った後、「キツツキの森」エリアで間伐を体験しました。

  • 間伐

    間伐

  • 丸太の運びだし

    丸太の運びだし

4月25日はボランティア社員21名とそのご家族(奥様)2名、フェリス女学院大学の学生9名と教授1名の総勢33名が参加し、「キレイキレイの森」の補植、「キツツキの森」の間伐、林道の土留めのための木柵作りを行いました。

  • 作業の前に山の神様に安全を祈願

    作業の前に山の神様に安全を祈願

  • 「キレイキレイの森」での補植。近くにはまだ桜が咲いていました

    「キレイキレイの森」での補植。近くにはまだ桜が咲いていました

この日は二日間お世話になったスタッフの皆さんに「Magica」を社員から手渡しました。

  • 「Magica」企画部門のリビングケア事業部・川島部長から昼食時に婦人会へ

    「Magica」企画部門のリビングケア事業部・川島部長から昼食時に婦人会へ

  • 午後に行った土留めのための木柵作り

    午後に行った土留めのための木柵作り

フェリス女学院大の学生さんにもプレゼント

フェリス女学院大の学生さんにもプレゼント

4/25集合写真のかけ声は「暮らし、まいにち、エコ。」!

4/25集合写真のかけ声は「暮らし、まいにち、エコ。」!

二日間とも快晴に恵まれ、とても充実した活動が出来ました。

参加した皆さん、お疲れ様でした!

一覧に戻る