CSRな社員より


山梨市の小学校で最後の「三世代ふれあい交流教室」に参加しました

みなさん、こんにちは。
CSR推進部の「しまきち」です。

当社は水資源保護活動として山梨市と協定を結び、「ライオン山梨の森」で森林整備活動を行なっています。

その山梨市にある市立牧丘第三小学校が本年度で閉校となります。
同校で毎年秋に行われてきた「三世代ふれあい交流教室」も最後となりました。

この教室は児童とそのご家族だけでなく、地域の高齢者の方々もご招待して、子供たちに年長者を敬う気持ちの教育や地域のつながりを作るとても意義のある活動です。
今年で最後になるため、当社も参加して盛り上げてほしい、との要請が学校やPTAからあり、行ってきました!

体育館に飾ってあったプレート。学校の姿勢を現していますね

体育館に飾ってあったプレート。学校の姿勢を現していますね

2015年10月23日午後、体育館にて総勢約80名により開会されました。

渡邉PTA副会長から始めの言葉、河野校長先生の挨拶、三枝西保地区福祉教育推進委員長の挨拶の後、甲府市在住で知的障がいを持ちながら音楽活動を行っている麻里奈さんとお母様の親子アンサンブル「マリナーズ」による福祉コンサートが行われました。

様々なジャンルの曲を聴かせてくださいました

様々なジャンルの曲を聴かせてくださいました

曲と曲の間にはお母様による解説が入り、麻里奈さんがコツコツ曲を覚えていること、子供の頃の悲しい経験、障がいを持つ子がいたらやさしく話しかけてあげて、という言葉などがあり、曲を聴きながら思わず涙を誘われました。

そして、次に全校児童12名による合唱がありました。
なんと、伴奏は校長先生以下、先生方によるギターなどで行われ、温かい学校であることが良く伝わってきました。

全校児童の合唱。左端と右端後方には楽器を弾く先生方

全校児童の合唱。左端と右端後方には楽器を弾く先生方

最後の曲「若草もえる」は6年生7名による作詞作曲で、これがとても良い歌でまたもや涙なくしては聴けませんでした。

このような感動的なステージが続いた後、明るく元気な「三世代のふれあい活動」のコーナーを当社が担当させていただきました。

小竹CSR推進部長から当社と山梨市の関係について挨拶の後、「手洗い・うがい教室」で上手な手洗いとうがいの方法を説明しました。

  • 手の洗い残しを特殊なライトでチェック

    手の洗い残しを特殊なライトでチェック

  • 上手な手の洗い方をレクチャー

    上手な手の洗い方をレクチャー

そして、「テーブル対抗ライオン製品争奪クイズ大会」を行い、同じテーブルの三世代の皆さんでクイズの答えを相談することで交流を図っていただきました。

クイズの正解が多いテーブルには賞品でライオン製品が贈られることから、皆さん真剣に取り組み、大いに盛り上がりました。

  • 6つのテーブルに分かれました

    6つのテーブルに分かれました

  • こちらも楽しく進行させていただきました

    こちらも楽しく進行させていただきました

その後は「お楽しみタイム」としてお茶とお菓子をいただきながら、テーブル毎に歓談をしました。

最後に三世代の代表者の方々が感想を述べ合い、筒井教頭先生から終わりの言葉の後、集合写真を撮影してお開きとなりました。

ライオンちゃんも入って集合写真

ライオンちゃんも入って集合写真

児童の皆さんはとても純朴で良い子たちばかりでした。
それは先生方や親御さん、地域の大人たちの温かい愛情に包まれているからだと強く感じました。
牧丘第三小学校がなくなった後も地域のつながりが続いてくれたら嬉しいです。

一覧に戻る