CSRな社員より


名古屋オフィス総務室による手洗い啓発活動をしました

みなさん、はじめまして。 名古屋オフィス総務室の「あまちゃん」です。

名古屋オフィスは、今年から生物多様性保全活動として「名古屋城外堀ヒメボタルを受け継ぐ者たち」という団体と協力して、ヒメボタルの保護活動に取り組んでいます。
その団体の方とライオンの手洗い啓発活動の話をしたところ、まさにヒメボタルの生息地域の城外堀に隣接した場所にある「あかつき三の丸保育園」を紹介して頂きました。「あかつき三の丸保育園」の園長先生とは、ヒメボタル清掃活動でもご一緒させて頂いた事があり、手洗い啓発イベントの話はスムーズに進みました。

 

真剣に話しを聞く園児と先生方

いつもの手洗い啓発活動では、営業メンバー5~6名で行っていますが、今回はオフィス総務室として進めた企画の為、室のメンバーだけでどんな内容ができるかという課題がありました。
また、この「あかつき三の丸保育園」は0~3才の低年齢児対象の保育園の為、紙芝居の内容が難しくないか、またアラウータン体操は一緒に出来るのか、長時間は難しいかもしれない、といった話もありました。
話し合いの結果、集合写真とライオンちゃんの出演は無しの短時間バージョンにしました。
そうする事で、イベントの役割分担を、機械操作担当1名、アラウータン役1名、MC&紙芝居担当1名の、合計3人で実施する事ができました。

 

アラウータンとMCからご挨拶!

イベント中は、MCの呼びかけにもちゃんと手を挙げてくれたり、紙芝居も皆聞き入っている様子でした。
また、アラウータン体操では一緒になって体操をしてくれ、低年齢児でも手洗いの大切さや洗い方の分かる楽しいイベントになったと思います。

今後も会社周辺地域の園や小学校に向けて、名古屋オフィス総務室単独の手洗い啓発活動を実施していけたらと思っています。

一覧に戻る