CSRな社員より


秋の森林整備ボランティアを行いました

みなさん、こんにちは。
ビューティケア研究所の石川です。

2015年10月31日、第27回目の森林整備を行い、社員ボランティア21名が参加しました。
活動内容は、まずCSR推進部の小竹部長から、当社の社会貢献活動についての説明があり、続いて運営のコーディネートをしていただいている公益財団法人オイスカ 田中様から、「ライオン山梨の森」の森づくりについての説明がありました。

  • CSR推進部 小竹部長

  • オイスカ 田中様

私が「山梨の森」森林整備活動に参加したのは、今回で3回目となりましたが、今回も天候に恵まれ、風もなく、程よく暖かい良い天候の中、活動できました。
今回の間伐作業の場所は「キツツキの森」で、かなり高所だったため、オイスカ 田中様が、始めの説明で「間伐は、安全第一で行わなければいけない作業NO.1」と話されていました。
私も気を引き締めて臨みましたが、土が滑りやすく、足場が悪いなど、今までの作業で一番緊張しました。

  • 森林組合からの指導

  • 木を切る様子

しかしながら、間伐作業や枝切りを行うことにより、うっそうとしていた森に陽が差し込み、明るくなり森が変わるのが分かりました。
これらの作業が、更に動物たちの自然生態系を取り戻すきっかけになることや、水質の向上と地域住民を土砂崩れや水害から守るといったことにまで寄与していることを知ると、小さな力だけれど、良いことをしているのだと喜びを感じました。

  • 伐採前のうっそうとした森林

  • 陽が差し込み、明るくなった森林

そして何より、ライオングループの各事業所から参加される、普段ではお会いできない社員の方々との交流もひとつの楽しみです。
社内報「たてがみ」などでお顔を見つけたときは、とても嬉しくなります。

  • さくら広場にて、昼食(水口地区婦人会手作り)

  • 自己紹介

これからも、きれいな空気と本当に美味しい昼食を楽しみに、参加していきたいと思っています。
また、皆さんに紹介して、ひとりでも多くの社員の方に、この楽しく有意義な一日を感じてもらえればと思い、お誘いしていきたいと思います。
「社員の皆さん、「山梨の森」に行きましょう!」

一覧に戻る