CSRな社員より


ミクロネシアのポンペイ島の小学生にハミガキ・ハブラシを寄付しました

みなさん、はじめまして。
CSR推進部の「リリー」です。

『ミクロネシアポンペイ島小学校支援の会』様から子供たちに歯みがきの大切さを伝える活動のお話を
いただき、昨年もライオンから、ハミガキ(クリニカ)・ハブラシ(こどもハブラシ)を寄付いたしました。
先日、お礼のお手紙と活動報告をいただいたのでご紹介いたします。

いただいたお手紙

いただいたお手紙

ポンペイ島はミクロネシア連邦のポンペイ州に属している、直径20kmの丸い島です。
面積は330平方メートル、淡路島の3分の2の大きさで、人口は約3万6千人。
休火山島で火山活動により海底より隆起してできた島で、雨が多くジャングルのようなところが多いそうです。

ポンペイ島の地図

ポンペイ島の地図

昨年11月に『ミクロネシアポンペイ島小学校支援の会』の方がポンペイ州の教育省を訪問し、
教育省を通じて、離島の学校と遠隔地の学校へ当社が寄付したハブラシ・ハミガキを届けてくれました。
また、子供たちに歯みがき講習も行なってくれました。

歯みがき講習の様子

歯みがき講習の様子

「Thank you for LION」にこちらが感謝!の気持ちです

「Thank you for LION」にこちらが感謝!の気持ちです

『ミクロネシアポンペイ島小学校支援の会』の活動は、もう12年も続いているそうです。
ポンペイ州は年々近代化されて来ているものの、まだ中心地以外は貧しい地域が多くあるとのこと。
微力ですが、これからも子供たちの口腔衛生の普及に役立ちたいと思います。

一覧に戻る