CSRな社員より


防災訓練を行いました

みなさん、こんにちは。
CSR推進部の「しまきち」です。

ライオン本社地区では年1回、全員参加の防災訓練を行っています。
今年も11月16日に本社で行いました。
今回の大きな特長は所轄の本所消防署のご指導により、訓練開始まで火災が発生した階を知らせない
「ブラインド」式の訓練を実施したことでした。
本番では、4Fで火災が発生したという想定で避難しました。

就業時間中に避難指示の放送が流れ、指示に従って移動します

就業時間中に避難指示の放送が流れ、指示に従って移動します

移動は勿論、階段です。 「しまきち」は7Fから避難しました

移動は勿論、階段です。
「しまきち」は7Fから避難しました

  • 1F駐車場でフロア別に整列していました

    1F駐車場でフロア別に整列していました

  • 無事訓練は終了し、場所を移動する指示が。 こんなに従業員がたくさんいるのかと実感

    無事訓練は終了し、場所を移動する指示が。
    こんなに従業員がたくさんいるのかと実感

移動した先の駐車場には消防士の方々の前にAEDの練習装置があり、消防士さんからAEDの使い方の講習がありました。

  • また従業員の多さにビックリ!

    また従業員の多さにビックリ!

  • 従業員の代表が実際に体験

    従業員の代表が実際に体験

いざという時のために、「しまきち」もAEDの使い方を知りたいと思っていたので、とても参考になりました。
また、別の場所では消火器の使い方教室も開かれました。

従業員の前にズラリと並んだ消火器

従業員の前にズラリと並んだ消火器

この季節に約1時間、寒空にいるのはツライ面もありますが、命を守るために訓練を受けることは絶対に必要なことです。
災害はいつ起きるかわかりません。就業時間内に行う訓練は重要です。
いつもご指導くださっている本所消防署の皆様には感謝しています。

一覧に戻る